アサガオの花言葉は「はかない恋」?!西洋アサガオの栽培方法も解説!


< Sponsor Link>

毎年7月に入ると、各地で「朝顔まつり」や「朝顔市」が開催されます。

東京では規模が大きくて有名なものとしては、やはり台東区で行われる「入谷朝顔まつり」でしょうか。

私が行ったことのあるものは、東京の小石川で開かれる「文京朝顔・ほおずき市」です。

どちらも、じめじめした梅雨もちょうど明ける頃の7月後半に行われ、朝顔市のすぐ近くでほおずき市もやっているので2つ同時に楽しめるのが魅力です。

でも、朝顔市にせよほおずき市にせよどちらも夏の風物詩として風情があるにもかかわらず、あまりにも開催場所が場外馬券売場に近いため、落ち着いて見物などできずにいそいそと馬券売場へ直行というのも私の夏の風物詩の1つかもしれません。

さて今回は、日本人には馴染みの深い「アサガオ」のご紹介です。

アサガオ(朝顔)とは?

アサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性の草花です。

日本では古くから栽培されている園芸植物で、奈良時代に中国から薬として入って来たとされています。

アサガオの種子は、「牽牛子(けんごし)」と呼ばれ、昔は下剤や利尿剤として用いられていました。

江戸時代に入ると、はじめは薬用だったアサガオが鑑賞用植物として栽培されるようになります。

江戸初期には、花の色が白いアサガオが登場し、その後に品種改良が盛んに行われるようになり様々な花色が登場し、人々の関心を多く集め庶民にまで広く栽培されるようになります。

この頃に、花や葉がユニークな品種の「変化アサガオ」が登場します。

明治時代に入ると、人々の関心はいかに大きな花を咲かせるかに移り、「大輪アサガオ」が人気の中心となります。

現在ではアサガオは、日本人には馴染みの深い夏の風物詩となっており、旺盛につるを伸ばして生長するものは垣根や緑のカーテンとして利用され、また育てるのが容易で簡単に花を咲かせることができるため学校での教材として用いられたりもしています。

< Sponsor Link>

アサガオの花言葉

アサガオの花言葉は、「はかない恋」「固い絆」「結束」「愛情」「愛情の絆」です。

花言葉の「はかない恋」は、アサガオの花が朝咲いて午後にしぼんでしまう短い命であることに由来するといわれています。

また、「固い絆」や「結束」の花言葉は、アサガオが支柱につるをしっかりと絡ませる姿にちなんでいるといわれています。

アサガオの栽培方法

アサガオは、日当たりを好むので、午前中に日が充分当たる場所で育てます。冬前には枯れてしまうので、特に防寒対策は必要ありません。

アサガオの植え付けには、水はけが良くて腐葉土などの有機質が入った土が適しています。

肥料は、植え付ける際に土の中に粒状タイプの肥料を混ぜ込んでおきます。その後は、1週間に1度液体肥料を与えてやります。

水やりは、土の表面が乾燥したらタップリと行います。

西洋アサガオの栽培は、普通のアサガオと同じです。

ただし、西洋アサガオは、夏に花が咲かないという悩みをよく耳にしますが、それは開花時期がまだ来ていないためです。

西洋アサガオの開花は、普通のアサガオが7月ごろに開花するのに比べてやや遅く、8月から9月に花を咲かせはじめます。

< Sponsor Link>