オミナエシの種類は?『万葉集』や『源氏物語』にも登場する花なの?!


< Sponsor Link>

オミナエシは、漢字で「女郎花」と書きます。「女郎」という言葉は、現在では遊女のことを意味しますが、昔は「美しい人」のことを意味していました。

「女郎花(おみなえし)」に対して、「男郎花(おとこえし)」という名前の付いた草花もあります。

「男郎花(オトコエシ)」は、オミナエシと姿は似ているものの白い花を咲かせ、茎は太く全体的に毛も多く生えていて逞しく見えます。

オミナエシに似て男性的であるので、対比させて「オトコエシ」と名前が付けられたという説があります。

また、オミナエシは黄色の花を粟飯に見立てて「女飯(オミナメシ)」と呼び、それに対してオトコエシの白い花を白飯に見立てて「男飯(オトコメシ)」と呼び、それが転じて「オトコエシ」になったという説もあります。

オトコエシとオミナエシには両方の雑種があり、「オトコオミナエシ」の名前で呼ばれています。

さて今回は、オトコエシよりも女性的で黄色い花を咲かせる「オミナエシ」のご紹介です。

オミナエシ(女郎花)とは?

オミナエシは、沖縄を除いた日本および中国から東シベリアにかけて分布する多年草です。

草丈は1メートルほどになり、夏から秋にかけて小さな黄色い小花を傘状にまとまって咲かせます。葉は対生し、深い切れ込み入った羽状をしています。

オミナエシは、『万葉集』や『源氏物語』にも登場する日本人には馴染みの深い草花で、秋の七草の1つでもあります。

オミナエシは、小さな黄色い花が固まって付くことから別名を「アワバナ(粟花)」とも呼ばれます。

オミナエシの全草を天日で乾燥させたものは、「敗醤(はいしょう)」という生薬になり、解熱や解毒、排膿作用があるとされています。

< Sponsor Link>

また、オミナエシの花のみを集めたものは、「黄屈花(おうくつか)」と呼ばれ薬用に用いられます。

オミナエシの種類

オミナエシの種類には、葉が深く切り込まない変種の「ハマオミナエシ」があり、茎が太くて草丈がやや低く、葉に厚みがある点で本種と区別されます。

また、園芸品種には、早咲きの種の「ハヤザキオミナエシ」や葉に斑のはいる種の「フイリオミナエシ」などがあります。

オミナエシの仲間には、本州のやや高い山の岩場などに自生する「コキンレイカ」があります。

コキンレイカは、「ハクサンオミナエシ」とも呼ばれ、草丈は20~30センチとオミナエシを小型にしたような姿が特徴です。

また、「キンレイカ」は、本州太平洋側の山地の岩場や岩の多い斜面に自生し、コキンレイカに似ているものの花がひと回り大きいのが特徴です。

オミナエシと日本文学

オミナエシは、万葉時代には「美人部為」「佳人部為」「美人部思」「姫部志」「姫押」「娘部四」などの漢字が当てられていました。

いつの頃からオミナエシに「女郎花」の漢字が使われるようになったのか明確ではありませんが、『古今和歌集』や『源氏物語』に「女郎花」の記述が見られるので、平安時代のこの頃には既に定着していたようです。

< Sponsor Link>