ハンゲショウの育て方を紹介!花が咲くと葉が白くなるのが特徴なの?!


< Sponsor Link>

ハンゲショウは、花に近い葉の一部が白くなり半分化粧をしたようなので「半化粧」と名が付けられたといわれます。

また、暦の半夏生の頃に花を咲かせることから「半夏生」と呼ばれるようになったともいわれます。

半夏生は、夏至から11日目の7月2日頃のことで、農家にとっては大切な節目の日となります。

古くは田植えを半夏生までに終えないと、収穫量が半分になるといわれていたそうです。

三重県熊野地方や志摩地方では、半夏生を過ぎるとハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えもあるのだそうです。

子供の頃に、祖父母の田植えを手伝った記憶がありますが、残念ながら妖怪ハンゲの話しは聞きくことはありませんでした。

でも、田植えが終わると一家総出で餅をついて食べた思い出があります。

地方によっては、実際に半夏生の日に豊作を願い田んぼに半夏生餅をお供えする風習があります。

半夏生餅は、もち米とつぶした小麦を同量ずつ合わせてついた餅に黄な粉をまぶして食べのるのですが、梅雨のジメジメした時期に食べるお餅は、お正月に食べるのとはまた違った美味しさがありました。

さて、今回は「ハンゲショウ」のご紹介です。

ハンゲショウ(半夏生)とは?

ハンゲショウは、北海道を除いた日本、朝鮮半島、中国やフィリピンに自生するドクダミ科の野草です。

開花の時期は、6月~7月に白い小さな花を穂状に咲かせます。

また、花のすぐ下にある葉の表面が白く変化して、花びらの役割を果たすのが特徴です。

葉の白くなる面積はそれぞれ違いますが、葉は付け根の部分から先端にかけて白くなり、先端の方に緑色を残したままになることがほとんどです。

ハンゲショウの草丈は、50~100センチほどになり、湿り気の多い環境を好むため、山の水辺などに多く自生しています。

ハンゲショウは、冬なると地上部は枯れてしまいますが、春には再び芽を出します。

< Sponsor Link>

ハンゲショウの種類

ハンゲショウと同じ仲間に「アメリカハンゲショウ」があります。

アメリカの東部から中部を原産とし、水辺や湿地に自生し草丈は30~50センチほどに生長します。

アメリカハンゲショウは、7月から8月にかけて芳香のある白い花を穂状に咲かせます。

花序の下の葉が白く変化しないことがハンゲショウとは異なっています。

アメリカハンゲショウは、属名の「Saururus(サウルルス)」の名前でガーデニング・ショップなどで流通していることもあります。

ハンゲショウの育て方

ハンゲショウは、日当たりの良い湿り気の多い場所で育てます。

半日陰でも大丈夫ですが、日当たりが良い方が丈夫に育つため、葉の白い斑が美しく出ます。

ハンゲショウは、乾燥をとても苦手とします。地植えで育てる場合は、池の周辺などの湿り気の多い場所を選ぶ必要があります。(かつ日当たりの良い場所)

ハンゲショウは、株元が少しぐらい水に浸かる状態でも育てることができます。

鉢植えの場合は、鉢の下に受け皿を敷いて常に水を貯めておき、乾燥させないように注意します。

ハンゲショウの植え付けは、荒木田土のような水持ちが良くて重い土が適しています。植え付けの適期は、2月から3月です。

ハンゲショウは、美しい白い斑を葉に出すために、肥料は多めに施します。

ただし、ハンゲショウは、窒素肥料が過剰になると蕾を付けず、葉に白い斑も出ないので、肥料の成分には注意が必要です。

冬は生長しないので肥料は与える必要ありません。

< Sponsor Link>