GWはイチゴ狩り The GW strawberry picking


< Sponsor Link>

ゴールデンウィークのお出掛け予定はお決まりでしょうか?
子どもも大人も楽しめる、ちょっと特別な1日を過ごしたいですよね。

旅行やテーマパークも素敵だけれど、もう予約がいっぱいだったり、思いのほか
お金がかかり過ぎる、なんて悩んでしまいます。

近場で、お手頃価格で、みんな楽しく美味しい時間に最適な、イチゴ狩りを堪能する
1日はいかがでしょうか。

昔遊びに行ったイチゴハウスのおばあさんが教えてくれました。

いちごは、「イチ」月から「ゴ」月が美味しい時なんだよ。

なるほど。
確かにゴロ合わせの通り、年明けからGWまで存分に楽しめるイベントです。
イチゴ狩りの旬の期間の中でも、ラストの5月が一番お得!

料金も安くなり、GWのお出掛けで人も分散される頃でしょう。
そんな甘くてかわいい、GW strawberry picking情報をお届けします。

 

Baidu IME_2015-4-26_12-10-24

 

埼玉のイチゴ狩りは浦和(さいたま市)へ
さいたま市緑区にある素敵なイチゴ農園。
手作りいちごの楽園「美園いちごランド」があります。

美園いちごランドHP
http://www.misono-ichigoland.com/?page_id=344

オーナーが愛情込めて育てた素晴らしいイチゴが豊富に実る、
まさにイチゴの楽園です。

お年寄りやこどもまで、安全に清潔に楽しめるように設計された園内や、
車椅子のままでもイチゴ狩りが可能なハウス構造も嬉しいですね。

イチゴは生ものですから、成長や生産の具合により、
開園時間や休園などの情報も変更が出る場合があります。

< Sponsor Link>

団体予約はできるようですが、個人は基本的に予約制ではないので、
事前に開園情報を確認してから向かうのがオススメです。

ご近所、埼玉浦和(さいたま市)の素敵なイチゴ狩りスポットに、
ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

存分に楽しむためのイチゴ狩りの極意とは?
イチゴ狩り初体験の時に驚くのは、ハウスの中の暖かさです。
1~2月はコートを着ていたり、中もセーターだったりと、冬仕様のファッション。

そのままハウスに入ると暑くなってしまい、イチゴの甘い香りと味に包まれて、
思いのほか食べられない、ということになるのです。

GWにもなると、ハウスの中は初夏のような状態になるので、
夏の服装でも大丈夫です。、
ちょっと羽織るものを持って行くなど、
調整できるファッションでいくのが鍵ですね。

そしてもうひとつは、そのまま食べる、ということです。

練乳や砂糖を付けて食べられるように、
用意されているイチゴ狩り農園もありますが、
旬の摘みたてイチゴはとても甘く、新鮮な美味しさです。

せっかくだから、たくさん頂きたいものですよね。

練乳などを付けて食べると、甘くなり過ぎ、
せっかくの旬の味を逃してしまいます。

そして個人的な感想になりますが、夕方のイチゴより、
やはり早い時間のイチゴの方が
美味しく感じるので、ぜひ試してみてください。
一度は食べてみたい、vipなイチゴ達
見たことあるけれど、知っているけれど、食べたことない高級いちご。
どんなお味か、一度でいいから食してみたいですね。
そんなvipなイチゴ達を、ちょこっと紹介です。
美人姫
大粒品種で、最高級のものだと1粒5万円するものもあるとか。

あかねっ娘(ももいちご)
「幻のいちご」と称される高級品種。収穫地域、期間も少ないことから、
その希少性には憧れますね。

彩のかおり
埼玉にもありました。本当に少数生産で、幻に近いブランドいちごです。
味も形も可愛いイチゴ達。
あなたのvipに輝くイチゴは、どのタイプでしょうか。
お気に入りのイチゴに出会えるイチゴ狩りになりますように。

< Sponsor Link>