オクラの育て方は?初心者でもできる栽培方法を紹介します!


夏野菜のオクラは夏バテ防止に持ってこいの野菜であるとともに、初心者でもたくさん収穫することができる育てやすい野菜です。

06d

家庭菜園デビューにオクラを選んでみてはいかがでしょうか。

オクラの栽培方法を紹介していきます。

オクラの種まき時期は?

オクラの種はホームセンターなどでとても安く手に入ります。中でも最も普及しているのが五角オクラです。

img63449049

一般的には4月~6月が種まきの時期ですが、オクラは寒さに弱いので10度以下では生育しません。20度~30度くらいの気温が適正温度なので、本州ならゴールデンウィーク明け以降で十分夏の収穫に間に合います。

種から育てる場合、殻が硬いので植える前に1日~2日水につけて根出ししてあげると発芽率が上がります。

発芽しない時は

・気温が低い

・種が深く埋まりすぎている

可能性があります。

オクラの種まきをプランターでする場合の注意点

プランターでオクラを育てる場合は深さ30センチ以上、幅60センチほどのものを選びましょう。

オクラは直根性といって深く根を張るタイプなので、深さのあるプランターを選んであげましょう。また、プランターで育てる場合は支柱も用意してあげます。

市販の花野菜ようの土を入れれば特に肥料などは必要ありません。種をまくときは深く埋めすぎないよう注意しましょう。

179255802

支柱は苗から2センチほどの所に挿しましょう。高さは120センチ、太さ11ミリのものがお勧めです。

オクラの種まきをポットでする場合の注意点

オクラは高温を好むので、寒さの残る時期などはポットで発芽させてから定植させる方法もあります。

IMG_0477

< Sponsor Link>

ポットに根出しした種を1粒入れて発芽させます。少し大き目のポットならビニールを張って穴を3か所空けたところに種を入れるとポット内を暖められるので発芽がスムーズです。

ポットから移植するときの注意点

種から発芽させてもいいですが、初心者の場合はポット販売の苗木から始めるのがやりやすいでしょう。

オクラは移植に弱いので、根を傷つけないように気をつけます。

市販のポットは大抵3本の苗がありますが、これは分株しないでそのまま定植します。分株する際に根を傷つけてしまうとそのまま枯れてしまう可能性が高いです。

生育の悪い苗を取る際も、抜くと根を傷つけるので根元から切り取りましょう。

おいしいオクラの育て方紹介します

オクラは暑さには強い植物なので、日当たりの良いところで朝晩たっぷり水をあげるようにしましょう。

プランターの場合は水はけを良くしないと根が冷えてしまい立ち枯れの原因になります。

1本の苗から20本~30本次々と収穫できます。実が出た後は随時追肥を行ってください。花が頂部に近い所に咲いたら栄養不足の可能性があるので追肥のタイミングです。

花が咲いてからおよそ1週間で収穫できます。オクラは成長が早いのでうっかりしていると実が育ち過ぎて固くなってしまいます。

10センチ前後を目安に収穫しますが、朝晩で収穫していかないとあっという間に大きくなりすぎてしまうのでこまめに大きさをみて収穫してあげるとおいしく食べられます。

あまりこまめに見られないという場合は一か所に23本の苗を育てることでオクラの成長がゆっくりになります。

オクラは便秘解消に効果がある!?

オクラのネバネバに含まれる「ムチン」という成分には整腸作用があるとされています。また、タンパク質を効率よく吸収するサポートをするため、疲れが取れやすく夏バテにも効果的です。

同じくネバネバ成分の中にある「ペクチン」は水溶性食物繊維なので、食物繊維+整腸作用で便秘解消に効果が期待できそうですね。

同じネバネバ同士の納豆オクラを作ればタンパク質である納豆の食物繊維と酵母も加わって効果抜群かもしれませんよ。

ムチンもペクチンも熱に弱いので、食べる時は生か、短時間の加熱がお勧めです。

まとめ

夏野菜のオクラは育てやすい上に夏バテ効果も高そうですね。プランターで気軽に栽培できるのも嬉しいところです。

オクラはハイビスカスに少し似た大きめの花が咲くので、鑑賞としても夏のベランダを飾ってくれそうですね。

< Sponsor Link>