ゴーヤ茶の飲み方を紹介します。嬉しい効果がたくさん!


< Sponsor Link>

夏場のグリーンカーテンにゴーヤを使っている人も多いのではないでしょうか?ゴーヤは太陽の恵みをたくさん受けてビタミンを始め沢山の栄養が詰まっています。

グリーンカーテンにたくさん実ったゴーヤは食べてももちろんおいしいですが、食べきれなかった分はお茶にして保管することもできるんです。

栄養満点のゴーヤ茶の作り方と飲み方を紹介しますね。

ゴーヤ茶の作り方教えます

ゴーヤ茶は案外簡単に作ることができます。

  1. ゴーヤを半分に割ってスプーンで種と綿を取る
  2. ゴーヤの実は1cmの輪切りにし、種を綿から取り出す
  3. ゴーヤの実と種をクッキングペーパーを敷いた皿に重ならないように並べる(平たいザルなどでも可)
  4. 日当たり・風通しの良いところでカラカラになるまで1日~2日天日干しにする
  5. 乾燥したゴーヤと種をフライパンで薄茶色になるまで乾煎りする
  6. 冷ましてから密閉容器にいれて保存

動画を参考にしてみてください

ゴーヤ茶の飲み方紹介します

自作したゴーヤ茶も市販されているものも飲み方は同じです。急須に適量をいれて熱湯を注ぎ2分~5分置き成分を抽出します。好みの濃さで調整できますが、5分ほど置くとたっぷり抽出されて効果がありそうですね。

お鍋で煮出す場合は2リットルに対し15g25gを沸騰してから5分煮出します。一度に沢山作って冷蔵庫で冷やしておく場合なんかはお勧めです。

< Sponsor Link>

ゴーヤは高血圧予防に効果的?

ゴーヤは高血圧予防にいいという話を聞いた事がありませんか?テレビなどで紹介されることも多いゴーヤの代表的な効果の一つです。

高血圧の原因は様々ですが、原因の一つは塩分(ナトリウム)の摂りすぎです。ゴーヤに多く含まれるカリウムは塩分を体の外に排出する働きがあるので高血圧予防に効果的です。

他にもゴーヤに含まれるシトルリンという成分は血管を拡張させ血流を良くすることで高血圧の改善に役立つというデータもあります。

他にもいろいろ!ゴーヤ茶の効果紹介します

難しい成分名はさておき、とにかくゴーヤには栄養がたくさん詰まっているということです!高血圧以外にもこんな嬉しい効果が期待できます。

・共役リノール酸(ゴーヤの種に含まれる成分)

⇒脂肪燃焼、抗がん、抗アレルギー作用

抗がん作用は嬉しいですよね。あとは脂肪燃焼に効果的という事は・・・ダイエットにもってこいです!

・モモルデシチン(ゴーヤの苦み成分のひとつ)

⇒血糖降下作用、健胃整腸作用

良薬口に苦し!?苦味成分にはインスリンの分泌を促して血糖値を下げる作用があるので、糖尿病予防にもなるということですね。

・ビタミンC

⇒美肌作用、抗菌作用、免疫力強化

ビタミンCが美肌に効果的なのは既に周知の事実ですが、美肌だけでなく抗菌作用や免疫力を高める効果もあるのですね。

まとめ

免疫を高めてくれて、健胃整腸作用もあるゴーヤはまさに夏の食べ物、夏バテに最適です。

また肌を露出することの多い夏美肌対策、ダイエットの強力な味方になってくれそうです。

高血圧にも有効なカリウムはむくみ対策としても効果が期待できます。ゴーヤ茶は料理では捨ててしまうことの多い種の栄養分まで摂取できるのが嬉しいですね。

沢山実ったゴーヤを捨てるなんてもったいない!ぜひゴーヤ茶にしていろいろな効果を試してみてください。

< Sponsor Link>