こごみの豚肉レシピでダイエット♪


< Sponsor Link>

キレイな緑色でクルリと可愛い姿の、こごみ。
シダ植物の仲間で、正式名称は「クサソテツ」といいます。

近頃では栽培ものがスーパーなどでも売っていますが、こごみの旬の時期は春から初夏にかけて、山や河川敷の湿気のある場所で、比較的日当たりの良い箇所に自生しています。

食用に採取するのは、クルリと渦巻き状の新芽の状態の時です。

こごみを選ぶ時のポイントは、茎が太めで上部の葉がしっかりと巻かれているものが良いでしょう。

栽培ものは茎の部分がスッキリしていますが、天然のこごみは茎に小さな葉がたくさん出ているものがあります。

味も調理にも問題はありませんので、
そのままお召し上がりいただけます。

日常的に食卓に上がる食材ではないと思いますが、このこごみ、美容健康になかなかのお役立ち素材のようですね。

こごみを知って、キレイ、健康を目指してみましょう。

「こごみはアク抜きがほとんど不要なお手軽素材」

様々な野菜、山菜などのアク抜きで、茹でたり揉んだり漬け込んだりと、手間がかかるようなことがほとんどない、手軽なこごみ。

栄養成分や旨味が落ちてしまう心配もありませんね。

こごみには、ビタミンCE、骨を強くするビタミンKなどが多く含まれています。

アクの少ないこごみは、採れたての新鮮なものでしたら、そのまま生でも食べることが出来ます。
大切な栄養素を流してしまわず身体に届けられるということですね。
調理の際の下ごしらえも簡単です。

たっぷりの熱湯に塩をひとつまみ入れ、1~2分茹で、キレイな色を保つため、茹で上がったら氷水に浸しましょう。

< Sponsor Link>

その後、そのまま和え物や御浸しなど、
好みの食べ方に仕上げれば出来上がり。

あっさりした食感で、和風にも洋風にもアレンジ出来る食材だと思います。

「こごみをオリーブオイルで誘導する」

身体に必要な栄養素を効率よく摂取する方法として、油を使う料理がオススメです。美容にも効果が出る料理に、野菜と豚肉の炒め物などがありますね。

アンチエイジング効果が期待されるオリーブオイルを使って、美容食を一品作ってみましょう。

下ごしらえしたこごみと、
軽く茹でて余分な脂を落とした豚肉を使います。

どちらも火を通してあるので、オリーブオイルとレモン汁をかけて冷しゃぶサラダの様にして食べるのもサッパリして美味しいです。

暖かいお料理がお好みの場合は、フライパンにオリーブオイルを適量入れて、豚肉を軽く炒め、塩コショウなどで味を引き締めます。

ひと匙程度のお味噌を加えるとコクの有る仕上がりになります。
最後に下茹でしてあるこごみを加え、ひと炒めして出来上がりです。
こごみには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

4b7b5689fd6474a31f44d491b04f4d35_s

この不溶性食物繊維は胃や腸の中で余分な水分を吸収し膨らみ、腸の動きを活発にしてくれるのです。

つまり、必要な栄養素を効率よく摂取した後には、身体の中のお掃除をしながら排出してくれる、便秘解消にも役立ってくれるのです。

必要なものを摂り、余分なものを出す。これぞダイエットの道ですね。
季節の旬である、美しく美味しい食材を堪能する。

ただこれだけでも、贅沢な癒し効果で、
美容にも良いのではないかと思われます。

< Sponsor Link>