ズッキーニでアレルギー?花粉症との関係とは


< Sponsor Link>

ズッキーニはフランス料理やイタリア料理などには欠かせない食材です、煮込み料理の「ラタトゥイユ」には絶対に欠かせない食材です。

見た目はきゅうりに似ていますが、かぼちゃの仲間で「ペポカボチャ」とも言われます。

油との相性がとてもよく鉄板焼きやフライなどで食べられます、花は「花ズッキーニ」と呼ばれて、花心をとったものを食用とします。

雄花がおいしいとされているので、家庭で栽培したときには人工授粉した後の花を食べるのがいいですね。

最近みじかになってきたズッキーニのアレルギーについて紹介したいと思います。

・口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群は花粉食物アレルギー症候群とも呼ばれていて、未調理の果物、生野菜、スパイスやナッツ類などで引き起こされるアレルギーの一種です。

一般的な症状は口やのどのかゆみで、イガイガするとか痛みを感じたり苦味を感じたりもします。その食物が口に入った途端にはじまります。

キク科植物のブタクサ、ヨモギ、カモミール花粉にアレルギーを持つ人がズッキーニ、メロン、きゅうり、キウイで症状が出ることがあります。

e13cb8a91bb347f0fca4230c8b28c636_s

口の中がかゆくなったり、腫れたりするだけでなく酷くなるとじんましんや下痢、腹痛や嘔吐など起こすこともあります。

子どもの頃に食べれることができていたものでも、大人になってから症状が出てしまう場合もあるので、軽い症状が出始めたら避けてみて原因となる野菜や果物を探してみましょう。

< Sponsor Link>

生食のときに症状が出やすいのできちんと火を通したほうが安心して食べられますね。

・ズッキーニの旬はいつ?

ズッキーニの旬は初夏から夏にかけてです。

ウリ科の植物なので、夏に実をつけますがかぼちゃのように熟すまではおかず若どりをします。

追熟はしないので、新鮮なうちに食べるのがおすすめです。

・ズッキーニdeチップス

低カロリーでミネラルが豊富なズッキーニをいつでも手軽に食べられるようにチップスにしてみました。

ズッキーニを1本用意してスライスします、厚さはお好みでパリパリからさっくりまでいろいろ試して楽しんでみてください。

スライスしたズッキーニをクッキングシートを敷いた天板に並べ、ハケでオリーブオイルを塗り、少量の塩を振り掛けます。

130℃に熱したオーブンに入れ1時間半から2時間焼きます。

時間に幅がありますが、ズッキーニの厚さやオーブンにもよって変わるので焼き色を見ながら調整してください。

密閉容器に入れて保存すればパリパリさくさくのズッキーニチップスが楽しめます。

・まとめ

初夏から夏に向けて旬をむかえるズッキーニは、低カロリーでミネラルが豊富なのでダイエットにも最適な食材です。

ビタミンBでむくみ解消や血行促進によっての美肌効果も期待できる野菜です。

火をしっかり通せば口腔アレルギーの心配も少なくなるし油との相性も抜群なので、てんぷらやフライ、ソテーなどにして食卓にたくさん乗せる事ができるようにしたいものですね。

< Sponsor Link>