キャベツの和食レシピを食前に取り入れて、簡単ダイエット!


acc713bae3d22dfd82058e19fb89ffb4_s

「キャベツダイエット」というものを知っていますか?

これは、食事の前にある程度の量のキャベツを食べることで食欲を抑え、キャベツに豊富に含まれるビタミンを補給することで脂肪を燃焼しやすい体を作り、ダイエットにつなげるというものです。

キャベツダイエットは空腹を感じることが無いので、長期的に継続でき、成功する確率が高いのだとか!

しかし、毎日同じメニューでは飽きてしまいます。

ということで、今回はダイエットに効果的な、低カロリーで食前にぴったりの和風キャベツレシピをお教えします!

生キャベツの美肌胡麻和えレシピ

キャベツダイエットの1つのポイントは、「生」のキャベツを食べるということです。

その理由は食感がしっかりしていて満腹感があることと、加熱すると壊れやすいビタミンが多いからです。

そこで、ここではキャベツを生で食べるレシピをご紹介!

ささ1

【材料】キャベツ150g/塩少々/★胡麻大2/★醤油小1/2/★砂糖小1/4/★塩12つまみ/胡麻油小1

 

【作り方】1.キャベツの繊維を断つように千切りにし、塩少々を振る。しんなりしたら水気を絞り、ほぐす。2.すり鉢で★の材料を混ぜ合わせ、1のキャベツに和えたら完成。

ビタミンCの豊富なキャベツも美肌効果がありますが、良質な油分を含む胡麻と胡麻油にも、肌の水分、弾力を取り戻し美肌になる効果があります。

このキャベツの胡麻和えを食べて、ダイエットだけでなく美肌も手に入れましょう!

キャベツとえのきのサラダでがん予防!

冒頭でも述べましたが、キャベツはビタミンが豊富です。中でもビタミンCKはがん予防の効果があるそう。

そこで、同じく抗酸化作用によりがん予防の効能があるとされているえのきを一緒にした、がん予防サラダを紹介します。

< Sponsor Link>

ささ2

【材料】キャベツ350g/えのきたけ75g/★酢大2/★醤油小1/★塩小1/★砂糖小2/オリーブオイル大2/黒コショウ少々/

 

【作り方】1.キャベツは繊維に沿って太めの千切りにする2.えのきは根元を落として、長さを半分に切る3.★をボウルに合わせ、塩と砂糖を溶かし、最後にオリーブオイルを入れて混ぜる4.湯を沸かし、キャベツ、えのきの順にさっと茹でる。

5.しっかり水気を切り、熱いうちに3のボウルに入れ、コショウを振って、出来上がり。

ここでのポイントは、キャベツ、えのき共に「さっと茹でる」こと!

胡麻和えのレシピの際にもお伝えしましたが、このレシピに重要なビタミンは熱に弱く壊れやすいので、茹ですぎないようにしましょう。

キャベツとわかめのスープでお腹の中からスッキリ!

何度もお伝えしていますが、キャベツのビタミンは熱に弱く、また水に溶けやすい性質を持っています。

そこで、ここではその特徴を活かし、スープにして溶け出た栄養成分も無駄なく取れるレシピを紹介します。

ささ

【材料】キャベツ2枚/乾燥わかめふたつまみ/水300㏄/★コンソメ大1/2/★鰹だし小1/2/青ネギ

 

【作り方】1.鍋に一口大にちぎったキャベツとわかめを入れる。2.鍋を火にかけ、沸騰したら★を加える。3.キャベツが程よい硬さになったら、塩コショウで味を調え、ねぎをちらして出来上がり。

キャベツ、わかめ共に食物繊維が豊富です!お通じが良くなり、お腹の中からスッキリ!サラダ類に飽きたら、スープも試してみてください。

まとめ

いろんなメニューを試してみれば、飽きることなくキャベツダイエットを続けられそうですね!

また、相乗効果のある食材と一緒にすることで、ダイエットだけでなく様々な健康に良い効果も期待できます。

キャベツを毎日の食事の前に取り入れて、元気で素敵な体を手に入れましょう!

< Sponsor Link>