クラフトビールがブーム!?理由を考えよう


< Sponsor Link>

暑くなると恋しくなるもののひとつにビールとあげる人も多いと思います。

ビールといえばやはり大手5大メーカーのイメージが強かったのですが、

ここ最近ブームが捲き起こっているクラフトビールの存在を見逃すわけにはいきませんね。

今、クラフトブールがブームになった理由について少し考えていきたいと思います。

〇クラフトビールとは

小規模な醸造所で製造されるビールのことで少量生産でビール職人が丹精こめて作っているビールのことをいいます。

1994年の酒税法改正により最低製造数量60klと少量生産できるようになったことで各地に小規模なビール製造会社が誕生するようになりました。

これが第一次地ビールブームです。

しかしさまざまな理由により地ビールブームは衰退の一途をたどることになります。

・醸造技術の未熟さから品質の高さを維持できなかった。

・町おこしが主体になってしまい、品質が重視されなかった。

・価格が品質にみあわず高かった。

このように地ビールのイメージが「観光地で飲むあまりおいしくないビール」というイメージになってしまったのです。

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_s

地ビールの頃にはドイツをお手本にした醸造所(ブルワリー)が多かったのですが、新しいブルワリーの多くはクラフトビール作りが盛んなアメリカやヨーロッパの影響を受けています。

< Sponsor Link>

しかしその後小規模醸造所の努力により「品質を重視したビール作り」が行われるようになり、呼び名も地ビールからクラフトビールへとかわっていったのです。

クラフトビールの品質の高さはビールの世界大会で日本のビールが数々の賞を受賞していることに裏付けられるでしょう。

このように、品質を重視して職人が手塩にかけて作るビールを総称してクラフトビールと呼び広められています。

〇クラフトビールは栄養が豊富

ビール酵母のなかには日ごろ不足しがちな栄養素がぎっしり入っています。

カリウム、カルシウム、リン、イオウ、マグネシウム、ナトリウムなどのミネラルが豊富でビール酵母の細胞壁は丈夫なため食物繊維も豊富に含まれています。

ビタミンも多く含まれておりビタミンB1、B2、ニコチン酸、B6、パントテン酸、B12、葉酸、ビオチン、コリン、イノシトールと10種類ものビタミンB群が含まれています。

またたんぱく質を形成する必須アミノ酸も含まれています。

シミやしわを予防する核酸も多く含まれるので美容にもよいのです。

麦汁をビールに変化させるためのビール酵母にこれほどの栄養素が含まれているとは驚きですね。

〇まとめ

2年ほど前から始まったクラフトビールのブームの理由はビール職人さんがこだわって作るおいしさが大きいようです。

地ビールのときについてしまったマイナスイメージを払拭するだけの品質向上はめざましいものです。

そしてクラフトビールならではの種類(スタイル)の多さ、自分好みのものを多くの中から選ぶことができるようになりました。

柑橘系のようなフルーティーなもので苦味の強いものや苦味が苦手なひとにはそれを抑えたものなどこれまでの大手ビールメーカーのビールには無い選び方で楽しむことができることもこのブームの要因になりました。

そして全国各地で行われるクラフトビールのイベントが増えていることも新しい味を知るいい機会になっているようですね。

これから暑い夏に向かって、自分好みのクラフトビールを探してみるのもいいかもしれませんね。

< Sponsor Link>