『たらの芽の家庭菜園物語』


たらの芽とは、タラの木の新芽のことです。

八百屋さんや、スーパーに並ぶタイミングと、周りの商品の様子からずっと

土から芽を出す草花のような山菜だと思っていました。

木の芽だったんですね。

タラの木は「ウコギ科の落葉低木」で広く自生していて、栽培も全国的に可能

な植物だそうです。

自然の中で自生するタラの木は、棘が鋭く扱いにくい難点があります。

そこで一般家庭での栽培では、棘の少ない品種の苗木を選びましょう。

3月~4月頃に苗木を植え付けると、秋には1メートルほどに成長します。

翌春、新芽が出て10センチ程に育ったものを収穫します。

「たらの芽はコクと苦さで病みつきになる!?」

たらの芽は、独特のコクとほろ苦さが爽やかな、美味しい春の王様です。

家庭菜園が趣味のお宅では、毎年収穫を楽しみにできる素材ですが、マンション

などお庭がないご家庭では、やはり季節の山菜コーナーで選びますね。

食べ方や調理法も様々で、意外とお手軽簡単に扱えるので、好みに合わせた

美味しい春の王様を食卓へお届けください。

「天ぷら料理なら、たらの芽のアク抜きは不要」

上品な香りとほろ苦さが絶品のたらの芽は、アクが強くないため、加熱する

天ぷらなどの調理には、そのまま生で使えます。

御浸しや和え物に使う場合は、軽く茹で水にさらして簡単にアク抜きすれば

風味を損なうことなく召し上がれます。

天ぷらの下準備は、洗って水気をきり、たらの芽のはかまを取り除きます。

火が通りやすくするために、根元の固い部分に切り込みを入れます。

後は、生のままのたらの芽に天ぷらの衣を付けて揚げれば完成ですね。

ボリュームもあるので、大きな芽は2~3等分に切り分けて調理します。

< Sponsor Link>

カラッと上がったたらの芽の天ぷらは、独特な食感と味わいです。

家庭で手軽に楽しめる贅沢な一品となりますね。

「たらの芽の味噌漬けバリエーション」

春の王様を様々なアレンジで楽しみたい。

たらの芽は実に様々な調理法にマッチする万能素材です。

オススメなのが、味噌漬けにして食べることです。

手間もかからず、素材の味を堪能できる基本中の基本でしょうか。

 

味噌、砂糖、味醂で調えたベースに、アク抜きしたたらの芽を漬け

ラップに包んで半日ほど冷蔵庫で寝かします。

大きな芽の場合は寝かす時間を少し長めにすると、しっかり漬かります。

これだけで完成度の高いおかずの出来上がりです。

2e1668b607e1df807aa388088cdce4b7_s

そしてこの味噌ベースを、好みでアレンジして、また一味違う楽しみ方も

出来ます。

味噌とマヨネーズを和えたベースで、味噌マヨたらの芽。

味噌とニンニク醤油を合わせて、スタミナたらの芽。

市販の酢味噌や辛子味噌などに漬けても、塩麹に漬けても、たらの芽の

食感と味わいを更に生かした風味豊かな一品になると思います。

「まとめ」

なんだか自分でタラの木から育て、収穫して食べてみたい気持ちになり

ますね。

今ではいつでも、なんでも売られていて、旬の時期が分からなくなっている

素材がたくさんあります。

食べたい時に手に入るのは嬉しいですが、やはり季節のものをその時に味わう

楽しみは大切にしたいですね。

< Sponsor Link>