ノビルの栽培法と増やし方にはコツがある!?


< Sponsor Link>

食べられる野草「ノビル」を春と秋に収穫しておいしく味わえるように

庭先やプランターなどで栽培してみましょう。

春と秋に山や川原に探しに行くのも楽しみ方のひとつですが、

身近で栽培するのもたのしいかもしれませんね。

〇ノビルの栽培方法

ノビル・・・ネギ科ネギ属の多年草

葉は味噌汁やラーメンの薬味などに使用することができるので、栽培していると手軽に使用できますね。

・ノビルの栽培環境

畑や庭の隅、プランターなど保湿力があって肥沃な土壌で日当たりのよい場所ならどこでも栽培できます。

丈夫なので放任栽培ができ、春と秋に成長します。

過湿に弱いので梅雨時期の水はけには注意が必要です。

・ノビルの特徴

タバコくらいの太さにしかならず、見た目は小さなたまねぎのようです。

花茎は60cmほどにまで成長し、先端にひとつだけ花序をつけます。

花は小さいチューリップを集めたようなもので薄紫を帯びてかわいらしい花を咲かせます。

簡単に分球して増えていきます。

葉はニラにも似ていて、同じような環境で育つスイセンと間違えてしまうと、スイセンには毒があるので嘔吐、胃腸炎、下痢、頭痛などの症状がでます。

採取するときは間違えないように注意が必要です。

〇ノビルには管理法、収穫法、花言葉まであります♪

・管理のポイント

一年中を通して移植が可能です。

休眠時に種球(リン茎)を堀あげて軒先などの風通しのいいところで乾かして9月にリン茎を植えつけます。

肥料は植え付け時だけでなく、毎年三月ごろ施します。

< Sponsor Link>

・収穫

4-5月ごろに収穫を行います、葉鞘部の太いものほどリン茎部も大きいので

葉鞘部が太いものを選んで株ごと堀あげて収穫します。

秋に株元に盛り土をしておくと翌春には葉鞘部の白くて長いものが収穫できます。

・ノビルの花言葉

ノビルの花言葉は「高まり」です。

花言葉が「高まり」なんてちょっとすてきですね。

・ノビルが美味しんぼで食べられていた!

ビックコミックの「美味しんぼ」という漫画で山で採れたノビルを茹でて酢味噌で食べるシーンが書かれていたのにはおどろきました。

それをきっかけに食べる人も増えたのでしょうかね?

スーパーではあまり見かけませんが、扱っているところではちょっとお値段がはるので栽培も効果的ですね。

〇ノビル味噌のレシピ

①ノビルは根の部分を落とし、白い球根の部分の薄皮をむいて4-5cmの幅に切っておきます。

②フライパンに油をしきノビルを炒める

③しんなりしてきたら味噌大さじ3、砂糖小さじ1をいれ混ぜてできあがりです。

・まとめ

春の野草ノビルを少しだけ手間をかけて育ててみるのも楽しいですね。

ノビルの持つ強い生命力からか、古事記には「いざ子ども野蒜つみに蒜摘みに」と歌われているほどだそうです。

食べ方はさまざまで、お茶にすると民間薬にも使われる食材です。

栽培したらお茶に加工して飲んでみるのも健康にいいですよね。

さまざまな栄養素も多く含まれさまざまな薬効にも期待できる健康食材を一度栽培してみませんか?

< Sponsor Link>