ビアフェスin名古屋@2015が開催!夏の風物詩です♪


今年もこの季節がやってきましたね、「ビアフェス」の開催です。

2015年は8月8日・9日の2日間名古屋国際会場にて開催されます。

「ビアフェスってなに?」という方のために少し説明を・・・

地ビールが一同に介して楽しめてしまう祭典、とでもいいましょうか。

日本全国のものを中心に中には海外のものまで楽しめてしまうというビール好きにはたまらないイベントです。

地ビールといえば、そのほとんどが現地に行かないと飲めないものばかりなので、ビールのほうから集まってくれるのは嬉しいですよね。

そして「ブルワー」さんと呼ばれるビール職人さんがその地ビールを注いでくれるので、その地ビールについての質問やお話などができたりするのもステキなところだと思います。

〇ビアフェスの服装はどんなのにしたらいい?

開催会場はとても混み合うのでカジュアルな服装が好ましいと思います。

混み合うからという理由だけではなく、ビールを巡って歩いて廻るので思ったよりも動きます。

そして当たり前ですが立ち飲み形式なので疲れないようなカジュアルで少々ラフな服装がいいと思います。

お財布、携帯、ハンカチ、チケットなどをコンパクトにまとめれるような小さなかばんを持って行くのがおすすめです。

できれば手持ちのかばんではなく背負えるタイプのものにしたほうが便利だと思います。

〇ビアフェス!レポート<ビアフェスってこんな感じ>

各ビールメーカーが個々にブースを構えて自慢の逸品を持ち寄る出品者ブースがあります。

出品者ブースではブルサーさんたちが自分たちのビールにかけるつくり手の思いなど聞くことができます。

そういうお話を直接聞けるとますますビールが好きになりますよね。

開催会場によって形態は違うのですが入場料制をとっている会場ととチケット制をとっている会場があります。

1e4727cb1ddd437b740dd914de140b9a_s

< Sponsor Link>

入場料制の場合は入場料を払えば何杯でも試飲し放題ですから、

気になった地ビールを気軽に何杯でも試飲できます。

試飲用の小さめのグラスに入れてくれるので、たくさんの種類の地ビールを楽しむことができますよね。

チケット制の場合はチケット1枚で1杯の換算になるので、自分の好みに合いそうな(試してみたいと思える)地ビールをある程度絞って試飲することが必要になりますね。

ただ、チケット制の場合はグラスは少し大きめなのでそのビールの魅力をしっかり味わうことができます。

9b0a9a6bcec5da9f5785cd21baea63f6_s

どちらで開催されるイベントも前売り券をコンビニやプレイガイドなどで購入することができるので、当日混雑の中チケットを購入したりする手間を考えると断然前売り券がお得です。

熱中症や酔いの対策のためにお水は持っていきましょう、会場に自販機がなかったりお水が品薄になってしまうこともあるので、水分の確保はしておきたいですね。

他に意外と気がつかないのがトイレ(特に女性用)はとても混雑します。

ビールはお酒の中でも水分量がはるかに多いものなので、大量の水分が体内に入ることでトイレが近くなります。

余裕をもって早めにトイレに行くように心がけたほうが楽しめますね。

〇まとめ

ビールがおいしくなる季節とともにやってくる日本最大級のビールイベント「ビアフェス」

ブルワーさんたちの熱い思いに耳を傾けながら、地ビール好きな人々とおいしい地ビールを楽しむことができるのは嬉しいですよね。

普段は旅行に行った旅先で出会うかおみやげでしか出会えない地ビールとの貴重な出会いを楽しんでみてはいかがですか。

< Sponsor Link>