フローズンヨーグルトはダイエットのみかた?


< Sponsor Link>

春が過ぎて日中の暑さがきわだってくるとだんだん恋しくなるのが冷たいものですよね。

ひんやり体を中から冷やしてくれるアイスクリームやシャーベットにジェラートどれも魅力的です。

しかしアイスクリーム、シャーベット、ジェラートはカロリーが気になるもの・・・

同じようにならんであるフローズンヨーグルトが実は1番ダイエットに優しい冷菓だったのです。

〇フローズンヨーグルトがダイエットに優しい理由

・アイスクリームとの違いは?

フローズンヨーグルトは、見た目こそアイスクリームに似ていますが実はメインとなる原材料はヨーグルト(発酵乳)です。

乳酸菌がきちっと入っていてなにより低脂肪、低糖質というところがアイスクリームと大きく違うところです。

JASの基準では、アイスクリームは乳固形分15.0%以上そのうち乳脂肪分8%以上と定められています。

これに比べてフローズンヨーグルトの乳脂肪分は0.5-6%程度なので脂肪分が断然少ないというわけです。

・乳酸菌は凍っても大丈夫?

乳酸菌は凍らせてあるときは死滅しているのではなく活動を休止しているだけなので、溶けて体内に入ればしっかり活動してくれます。

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やし腸内をきれいにしてくれる働きがあるので、腸から送り出される血液を浄化してくれます。

腸内環境が改善されれば基礎代謝があがり脂肪も燃焼しやすくなるというわけなのです。

・フローズンヨーグルトの味は?

< Sponsor Link>

フローズンヨーグルトはヨーグルトほどの酸っぱさは無く、フルーツなどトッピングしてさまざまな味を楽しむことができます。

ヨーグルトの酸っぱさが苦手という方にはうれしいですね。

〇ミニストップのフローズンヨーグルト

ミニストップで1980年の創業以来人気をほこる商品のひとつにフローズンヨーグルトがあります。

安定剤や乳化剤などを使っておらずヨーグルト本来の味を感じられつつシャーベットタイプで食べやすく1個120kcalという低カロリーというのもロングヒットの秘訣なのでしょうね。

低脂肪・低カロリーでコンビニで便利に買える・・・コンビニスイーツのさきがけだったのかもしれませんね。

〇フローズンヨーグルトの市場を日本にも・・・

フローズンヨーグルト発祥のアメリカではフローズンヨーグルトの市場は800億以上とされています。

日本ではまだまだ未開拓の市場で、海外発のブランドが5-6社で市場規模としては20億円程度にすぎません。

美容と健康にいいフローズンヨーグルトが一過性のブームで終わってしまうのか、日本でも市場が確立されるのか大手外食産業も参入してきているので今後が楽しみですね。

〇まとめ

いっけんするとアイスクリームのようなフローズンヨーグルトですが、美容と健康によくダイエットやお肌にいいと女性にはおすすめのスイーツです。

長く愛されているシンプルな味から、フルーツやチョコレートなどのトッピングを楽しむ新しい味まで幅広く食べられるようになってきました。

健康志向の今だからこそフローズンヨーグルトを食べておいしくさわやかに菌活までできそうですね。

< Sponsor Link>