ホタテの目は80個?!ホタテに関する雑学集☆


< Sponsor Link>

お刺身で食べたりソテーして食べても美味しいホタテですが、目が80個あるという噂を聞いたりします(゜o゜)

目が80個って…それって本当なのでしょうか?

ホタテの目の数の真相や、ホタテに関する驚きの雑学を色々ご紹介しちゃいます☆

ホタテの目はいくつあるの?80個あるって本当?

二枚貝には基本的に目はありませんが、ホタテには『目』はあります。

ホタテの目は、人間のように2個ではありません。

そもそもホタテの目って、どこに付いているのでしょうか?

ホタテの目は、外套膜(がいとうまく)と呼ばれる部分に存在します。

ホタテの外套膜とは、いわゆる「貝ヒモ」の部分です。

ホタテの貝ヒモの部分には、黒くて細かい点がたくさん付いていますよね?

ここにホタテの目があるのです!ではどれが目なのでしょうか?

正解は、「黒い点の全てが目」なのです!そしてその目の数は、平均すると80個だと言われているんです(゜o゜)目の数が多いホタテだと、その数は100個くらいとも言われています。

目が100個って…なんかゾッとしますよね。でも安心して下さい!

ホタテの目は「明暗を判別する」程度しか機能していないので、

ジーッとホタテに見られていることはありません☆

ヴィーナスの誕生にはホタテが描かれている?!

「ヴィーナスの誕生」とはイタリアの絵画サンドロ・ボッティチェルリによって描かれた作品です。

有名なので、みなさん1度は見たことありますよね?

ヴィーナスが立っている部分って、貝に見えますよね。実はその貝こそがホタテなのです!

日本のホタテ貝と種類はちょっと違うのですが、「ヴィーナスの誕生」のホタテ貝は地中海の貝で、「ジェームズホタテ貝」と呼ばれています。

ちなみに「ヴィーナスの誕生」はとても悲しいお話なのです。

天空神ウラノスとの戦いに勝利した息子のクロノスは、父親の手足を切り取り、海に投げ捨てました。

そして投げ捨てた手足が水に触れた瞬間、白い泡と共に、ヴィーナスが生まれたと言われています。

< Sponsor Link>

「ヴィーナスの誕生」は、ただ美しい絵画ではないのですね(/_;)

ホタテの雄雌は、簡単に見分けられる?

ホタテには雄雌の性別があるのを、ご存じでしょうか?

ホタテの卵の部分が赤いのは雌で、白いのが雄なのです!

ホタテの雄雌は、簡単に見分けることが出来ますね♪

ホタテは「雌雄異体」という特性があり誕生してから1年までは、全てのホタテが雄なのです!

そして2年目から、雄から雌に性が転換します。

雄と雌の数は、約半分くらいのようです。

ホタテは雄と雌であまり味は変わりませんが、「雄は滑らか」で「雌は歯ごたえが強い」と言われています。

雄雌どちらのホタテもある時は、食感を比べてみて下さいね☆

また、ホタテ貝には、裏と表があるのです!ホタテ貝の白い方が裏になります。

ホタテの貝は裏の方が貝殻に深みがあるので、BBQなどでホタテを網で焼く際には、白い方を下にして下さいね(^^)/

『ホタテ』は日本語以外では、どう呼ばれている?

ホタテは日本語では正しくは「ホタテガイ」です。それを普段は略して「ホタテ」と呼んでいるのです。

日本では他にも、「海扇(うみおうぎ)」や「秋田貝(あきたがい)」と呼ばれることもあります(^O^)

「海扇」は貝の形を扇に見立てたことからの発想です。

「秋田貝」は、久保田佐竹氏(久保田藩)の家紋に似ていることが元となっているそうです。

(久保田藩は秋田藩とも呼びます)

では他の国では、ホタテはなんと呼ばれているのでしょうか?ちょっと気になりますよね☆

ホタテはイタリア語で「pettine(ペッティーネ)」で、中国語ではホタテを扇に見立てて「扇貝」と呼びます。

英語では「scallop (スカラップ)」、ホタテはスペイン語では「venera(ベネーラ)」と呼ばれています☆

ホタテの目は80個?!ホタテに関する雑学集☆のまとめ。

ホタテに目が80個もあるなんて…ほんと驚きですよね!

ホタテの裏表の見合分け方は、網焼きする際にはとっても役立ちます☆

他にもホタテの雑学が役立つ(?)こともあるかもしれませんので、頭の片隅に入れておいて下さいね(^^)/

< Sponsor Link>