マグロの栄養価☆ダイエットにも効果的?


美味しいマグロですが、味だけでなく栄養価もとても高い食材なのです!マグロが含む成分は、ダイエットにも欠かせないとの話も聞きます。

そんなマグロの栄養成分について、ダイエット中にもオススメのマグロレシピをご紹介します(^^)/

マグロの栄養&嬉しい効能!美味しく健康に♪

マグロには種類がいくつもありますし、また同じマグロでもどこの部位かによって、マグロの栄養成分は違ってきます。

マグロの赤身は鯛よりも脂が少なく高タンパクです。しかしトロの部分は赤身の約20倍の脂を含んでいます。
トロはウナギと同じくらい、高脂質な魚なのです!

しかし!!そのマグロの脂質は不飽和脂肪酸が多く含まれているので、むしろ積極的に摂取したい脂質なのです!

不飽和脂肪酸はコレステロールを減少させたり、脳を活性化させてくれる効果が期待出来ます☆

またトロに含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの恐ろしい病気を防いでくれる効果があるようです(^^)

他にもマグロは、ボケ予防に効果的なDHAやビタミンD、ナイアシン、亜鉛や鉄分も豊富に含まれています☆

マグロはダイエットに欠かせない?!マグロのタンパク質は?

タンパク質が不足していると、ダイエットが成功しにくいと言われています。皆さん、何故だかご存じでしょうか?

タンパク質には体内の水分や血液循環を正常にしたり、筋肉を作るのに欠かせない栄養素なのです。

また特に女性にはタンパク質は欠かせないもので、不足するとホルモンのバランスが崩れてしまいます(>_<)

そんな大切なタンパク質ですが、マグロの種類によってタンパク質の量が変わってきます。

最もタンパク質の量が多いのは、マグロの王様「クロマグロ」です☆クロマグロには100gあたり26.4gのタンパク質が含まれています。

続いてタンパク質の量が多いのは、「ビンナガマグロ」です。ビンナガマグロには100gあたり26gのタンパク質が含まれています☆

クロマグロは口にする機会が少ないですが…ビンナガマグロでしたら気軽に回転寿司などでも食べられますね!(^^)!

< Sponsor Link>

糖質ダイエット☆マグロの糖質はどれくらい?

ダイエットと言えば…糖質制限ダイエットですね☆
マグロには、糖質がどのくらい含まれているのかも気になりますよね!

糖質制限ダイエットはその名の通りに糖質を制限するダイエット方法で、糖質が多く含まれている食事を摂らないことです☆

糖質が高い食材はご飯やパン、ラーメンなどの炭水化物や、イモ類やバナナなどのフルーツです。
もちろんジュースやお菓子などにも、糖質は多く含まれています!

ではマグロの糖質とは、どれくらいなのでしょうか?

マグロの種類や部位にもよりますが、100gあたり0.1gしか糖質は含まれていません☆
ちなみにこれは、マグロの赤身の数値です。

トロだったりすると…糖質は上がってしまうようですので注意して下さいね(^_^;)

ヘルシーで簡単なマグロレシピ☆

材料は、マグロ刺5?6切れ、新玉ねぎ1/4個、レタス、水菜(サラダで食べられる生野菜ならなんでもOK)、ご飯茶碗1/2杯程、
レモン汁小さじ1、濃口しょうゆ小さじ1、オリーブオイル小さじ1/2、刻み海苔、適量です。

手順1→ご飯をどんぶりによそいます。
手順2→新玉ねぎと生野菜を、ご飯の上に乗せます。
手順3→さらにマグロの刺身と刻み海苔を乗せます。
手順4→調味料を全て混ぜてドレッシングを作り、食べる際にマグロの上かからかけたら完成です!

マグロを盛る際には、クルクルと薔薇の花のように盛るとおしゃれに仕上がります☆

生野菜とマグロの組み合わせは、ダイエット中でも気にしないで食べられますよね!
ポイントは、ご飯を少な目にして、生野菜をたくさん盛ることです(^^)

マグロの栄養価☆ダイエットにも効果的?のまとめ。

マグロは体に良い栄養素が多いですし、高タンパク低糖質なので、ダイエットにもぴったりの食材ですね(^^)/
ただしトロは糖質も高くなるので、要注意です!

< Sponsor Link>