マグロの心臓で刺身☆希少部位は絶品?!


マグロの希少部位って、とーっても美味なんだそうです☆マグロは臭みが少ない方なので、食べやすいのでしょうか…?食べ方も含め、謎だらけです(>_<)

そんなマグロの希少部位やホホ肉の絶品レシピ、知ってお得(?)なマグロ雑学についてご紹介します(^^)/

マグロの数え方!名前の由来って知ってる?

皆さん、「マグロ」と名付けられた由来って、ご存知でしょうか?

近海で獲ることの出来る新鮮なマグロは、青味がかっており、艶々した黒い色をしています。
マグロは皮の色が「黒」だから、それで「真黒(まぐろ)」と呼ばれるようになったそうです☆

これが一般的な説ですが、他にも説があります。
マグロの眼(まなこ)が黒いことから、「眼黒(まぐろ)」という説です。

またマグロは捌いた後すぐの時は身が真っ赤ですが、時間が経つと黒くなることが関係しているという説もあります。

真相は不明ですが、「真黒」説が有力ですかね?(^^)

そしてマグロの数え方ですが、マグロの状態によって違うんです!

マグロが海にいる際には1匹や1尾、捕獲して冷凍された状態の時には1本、ブロック状に捌いた状態の時には1塊です。

サクの特には1冊、お刺身の時は1切れや1枚など、マグロの数え方って、実に様々ですね(゜o゜)

マグロの希少部位!心臓の美味しい食べ方は?

マグロは一般的に食べることが出来ますが、希少部位ってなかなか食べる機会ないですよね。
しかし実は、マグロの希少部位はネットでも意外と簡単に購入することが出来るのです!

しかし購入したは良いですが、希少部位ってどのように食べるのかは悩むところですよね(―_―)

まずはマグロの心臓(「ほし」とも呼ばれます)ですが、お刺身で食べたり、ボイルしてからタレに付けて食べるのが人気のようです☆

あっさりと食べたいのなら、塩だけで食べるのもオススメです!

マグロの心臓はガーリックなどパンチのある味とも相性が良いので、炒めものや串焼きにしても美味しいそうです(^^)

< Sponsor Link>

マグロの心臓は独特な味で、ちょっと「クセ」があるので、好きな人と苦手な人が分かれるかもしれませんね。

マグロのほほ肉は煮込みが絶品☆簡単に作れる?

マグロのほほ肉と言えば、やはり煮込み料理がとても合います☆
でも煮込み料理って、手間や時間がかかりそうですよね…。

いえいえ!簡単に作ることが出来る煮込みレシピもありますよ♪少ない材料で作ることが出来る、マグロのほほ肉のワイン煮レシピをご紹介します!

まずは材料から(^^)/

材料は、マグロのホホ肉約500g、しいたけ4個、しめじ100g、玉ネギ1個、ローリエ1枚、にんにく1片、にんじん1本、いんげん4本、水300cc、赤ワイン200cc、デミグラスソース(市販品でもOK)100g、オリーブオイル大1、塩・こしょう適量、タイム(無くてもOK)適量です。

デミグラスソースは手作りのものでも、市販品でも、どちらでもOKです☆お好みで、キノコ類はプラスして下さいね(^^)
マッシュルームもとっても合います♪

マグロのほほ肉のワイン煮☆簡単な作り方☆

それでは続いては、作り方の手順をご紹介していきますね☆

手順1→マグロのホホ肉は、一口大(5cmくらい)に切ります。
玉ネギは半分に切ってから薄切くスライスして、しいたけはいしづきを取ってから4等分に切ります。
しめじは一口大に分けておきます。

手順2→ワインを鍋に入れ、半分くらいの量になるまで煮詰めます。

手順3→鍋にオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて、中火で炒めます。にんにくの良い香りがしてきたら、OKです。

手順4→ホホ肉の表面をこんがりと炒め、いったん取り出します。同じ鍋で玉ネギをしんなりするまで炒めます。

手順5→鍋に肉を戻し、水を入れて沸騰させます。沸騰したらアクを取り除いて下さい。

手順6→しいたけ&しめじを入れ、赤ワインとデミグラスソースを加えて中火で20分煮込みます。

手順7→塩・こしょうで味を調えて、にんじんのグラッセや茹でたインゲン、タイムをで彩ったら完成です☆

マグロの心臓で刺身☆希少部位は絶品?!のまとめ。

マグロは頭からしっぽまで、まるごと美味しく食べられるお魚ですね☆食べる部位によって調理の仕方や味わいも全く違うので、マグロの新しい発見をしてみて下さいね!(^^)!

< Sponsor Link>