マグロは寝かせるのが基本?!美味しいマグロの見分け方は?


「マグロは寝かせたほうが美味しい」と聞いたのですが、果たして本当なのでしょうか?新鮮なものの方が、美味しいはずでは??

そんなマグロに関する美味しさを見極める方法や、マグロの保存方法、マグロの面白い雑学についてご紹介します(^^)/

新鮮なマグロほど美味しいは嘘だった?!

マグロに限らず、魚って新鮮な方が美味しいっていうイメージありませんか?
色々調べてみたところ、実はそうではないようです(゜o゜)

水槽で泳いでいる魚をその場で捕り、目の前で捌いてくれる「生け作り」って、とっても食欲をそそりますよね☆

でも実は高級寿司店の半数ほどには生きた魚が泳いでいる水槽はないのです!むしろ高級寿司店は、「魚は寝かせてから出す」のが基本なんだそうです。意外ですよね?

購入してきたマグロが若ければ、何日か氷漬けにして熟成させ、味と香りがピークになってからお客様に出すとのことです!
特に大トロや中トロは、酸化する一歩手前が1番味わい深いそうです☆

マグロ以外でも、ヒラメやサバも一晩寝かしてから握るのが基本だと言われているんです。
目からウロコですよね…(゜o゜)

市販のマグロ!美味しいものの見分け方は?

先程お話したように、高級寿司店ではマグロは寝かせてから出すそうですが…普段私たちが購入するマグロに関しては、全く別ですよね。

スーパーや魚屋さんでマグロをサク(刺身にするための切り身)で購入する場合には、美味しいかどうかの見分け方があるのです!

マグロのサクを見て、筋目が平行に入っているものが1番美味しいと言われています☆次に美味しいマグロは、サクを見て筋目が斜めに入っているものです(^^)/

筋目の幅の間隔が狭いマグロや、半円のような状態の筋目のマグロは、背骨に近い部分なのであまりオススメではありません!
また、筋目がはっきりとした白いマグロも、あまりオススメではありません。

刺身用に既に切られているマグロの場合は、マグロの切り身の色がとっても重要です☆

マグロは赤身であってもトロであっても、美味しいものは身の色に綺麗な透明感があります♪

< Sponsor Link>

マグロから臭みが…食べたら危険?マグロの保存方法☆

マグロを買ってきたら、基本的にはチルド室で保存しましょう。
しかしすぐに食べきれない場合もありますよね?
その場合は、どうやってマグロは保存すれば良いのでしょうか?

パックに入っているマグロはそのままだと、刺身から出てきた汁(「ドリップ)と呼ばれます)によって傷みが早くなってしまいます。

なのでご家庭でマグロをパックから取り出したら水気を拭いて、キッチンペーパーなどに包み、ラップに包んで保存して下さい☆

マグロの状態が良ければ、この方法で~3日くらい持ちます。
しかしあくまでも目安なので、生で食べるのでしたらなるべく早く食べて下さいね!

マグロがぬめりを帯びてきたり臭いがするようになったら、もったいないですが食べないで下さいね!
食中毒になってしまう可能性があります(>_<)

マグロの脳みその大きさは?マグロの雑学☆

最後にマグロの雑学をご紹介したいと思います(^^)

マグロの「カマ」はよく見かけますが、マグロの脳みそって見たことありますか?脳みそは、見たことがない人がほとんどですよね?!
マグロの脳みそってどれくらいの大きさなのでしょうか?

マグロの脳みそは約58キロのマグロで、直径1,5センチ程度の大きさなんだそうです!
1,5センチ…思ったより小さくないですか?

もちろん人間と同じように個体差はあるのでしょうが、マグロは体のわりには小さい脳みそなのですね(゜o゜)

ちなみにマグロの日って、ご存じでしょうか?
体育の日でもある10月10日は、「マグロの日」でもあるんです☆

「マグロの日」の日にちの決定は、万葉集に出てくる詩からとって決められたそうです♪

マグロは寝かせるのが基本?!美味しいマグロの見分け方は?のまとめ。

マグロは寝かせるのが高級寿司店では基本とは、驚きですよね。
スーパーなどでマグロを購入する際には、筋目の状態を見極めて、より美味しいマグロを選んで下さいね♪

「マグロの日」には、美味しいマグロをみんなで食べましょう(^^)/

< Sponsor Link>