鯵を骨まで食べて、元気になろう!


魚は肉に比べて、脂肪分が少なく、血液もサラサラにする…といったように、健康に良い事は知っていても、「生臭い」や「下ごしらえが面倒」といったような理由から、何となく手を出しづらいですよね?そこで今回は、血液をサラサラにするという青魚の中でも、他よりタウリンやカリウムが多く、健康により効果の期待できる鯵について、その効能と簡単な調理法を紹介します。

鯵の栄養素

鯵は、青魚の中でも脂質が少なく、さっぱりとして食べやすいのが特徴ですが、EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸を含有しています。また、うまみ成分であるイノシン酸、グルタミン酸、タウリンなどのアミノ酸が豊富です。さらに、体にとって必要なカルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ナイアシンなどを豊富に含み、身の部分だけでなく、皮部分にも豊富に栄養が含まれています。

鯵の効能

EPAは血中のコレステロール値を下げ、血栓をできにくくする働きがあり、動脈硬化・高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などの予防効果があるとされます。また、血圧を降下させるカリウムや、血中コレステロールを下げ、強心作用があるとされるタウリンも同様の効果が考えられます。

a01_007

< Sponsor Link>

DHAは脳を活性化する働きがあり、記憶力アップや老化防止などの効果があるとされています。
カルシウムは、妊婦や子供のカルシウム摂取に効果的で、ビタミンB2は、粘膜を保護する働きで、口角炎や口内炎などの予防になり、体の成長と細胞の再生を助ける効果があります。

圧力鍋を使って、鯵を丸ごと食べよう!

ここまでで、鯵には健康に効果的な栄養素が豊富に含まれていることが分かりましたね?では、その栄養素を余すことなく、骨や皮まで食べられるレシピを紹介します。

【小鯵の甘露煮】

材料(4人分)
鯵…6~8尾(400~500g)
塩…小さじ1/2
酒…大さじ2
●水…3/4カップ
●酢…大さじ1
●砂糖…大さじ4
●醤油…大さじ3
●ごま油…大さじ1

☆作り方☆

1 鯵は頭と尾を落として腹に切り目を入れ、内臓を抜いて水洗いし、水気を拭き取る。大きいようなら、長さを半分に切り、塩、酒を振って10分置く。
2 圧力鍋に、汁気をふいた鯵を入れ、●の調味料を合わせ、注ぐ。
3 圧力鍋のふたを閉め強火で熱し、圧力がかかったら弱火にし、20分加熱する。
4 ふたを開け、煮汁がなくなるまで中火で、7~8分ほど煮る。

まとめ

血圧や血栓に関わる病気、記憶力アップ、粘膜保護、カルシウム摂取など、健康面において様々な効果が期待できる鯵!是非、普段の食事に取り入れたいですよね!今が旬の鯵は、お値段においても見逃せないアイテム…。でも、今まで中々手が出せなかったという人は、是非圧力鍋で、調理してみてください。

調理が簡単なだけでなく、骨や皮まで食べられるこの料理は、栄養もばっちり取り入れられますし、食べる際に骨を気にしなくてよいので、魚が苦手なお子さんにも好評なはず。一石三鳥ほどの価値があると思います!今夜のメニーュに是非取り入れてみては?

< Sponsor Link>