牡蠣のウイルスによる症状!予防する方法はある?!


< Sponsor Link>

とっても美味しい牡蠣ですが、万が一あたってしまうと…辛いですよね。
牡蠣にあたった時のあの辛さは、二度と経験したくないものです(>_<)

牡蠣による食あたりの原因はいくつかあるのですが、
その原因はノロウイルスによるものが半数以上だと言われているのです!

牡蠣によってノロウイルスに感染してしまう原因やその症状、ノロウイルスの除去方法などについてご紹介したいと思います☆

牡蠣がノロウイルスに汚染されるのは何故?

牡蠣による食あたりの原因の大半はノロウイルスによるものなのですが、
実は牡蠣自体がノロウイルスを作り出している訳ではないのです!
牡蠣の体の中で、ノロウイルスが増えていくという事もありません。

では何故、牡蠣はノロウイルスに汚染されるのでしょうか?

実は牡蠣は人糞や、嘔吐物によってノロウイルスに汚染されているのです!
ノロウイルスに感染した人間の人糞や嘔吐物は、下水に流れますよね。
そしてほとんどは、下水処理場できちんと除去されるのです。

しかし除去されずに残ったわずかなノロウイルスが、川に流れてしまう場合があるのです!
そしてそのノロウイルスは、川から海へと流れます。

牡蠣は海で生息しているプランクトンを主食としており、そのプランクトンを食べる際に海水を大量に飲んでしまいます。
すると牡蠣の体内にノロウイルスが蓄積されてしまうのです。
私たち人間が原因だったなんて…驚きですよね!

牡蠣にあたった場合『ノロウイルス』の主な症状は?

牡蠣にあたる症状は軽いものもありますが、重症化することもあるので注意が必要です。

ノロウイルスが原因で牡蠣にあたった場合には、嘔吐や下痢、腹痛、38℃程度の発熱といった症状が挙げられます。

ノロウイルスの潜伏期間は、12時間~72時間程度が平均だと言われています。
なのでノロウイルスが原因で牡蠣にあたった場合には、1~2日の間、上記のような症状が現れます。

ノロウイルスによる嘔吐による特徴や対策はこちらの動画を参考になさって下さい!

2日間も嘔吐や下痢が続くなんて…とっても辛いですよね(―_―)
長いと7週間を越えて症状が現れるといったケースもあるそうです!
本当に牡蠣には、あたらないようにしないといけませんね。

牡蠣は年中食べることが出来ますが、11~3月頃に牡蠣によってロノウイルスに感染することが多いようです。
牡蠣が特に美味しい旬の時期なので、皆さん注意して下さいね!

< Sponsor Link>

では牡蠣によってのろウイルスに感染しない為には、どうすれば良いのでしょうか?
続いては、牡蠣を食べる際の注意点についてご紹介したいと思います!

ノロウイルス!牡蠣は加熱すれば大丈夫なの?

当たり前のことですが牡蠣を『生』で食べる際には、必ず『生食用』の牡蠣を食べて下さい!

まれにですが、加熱用の牡蠣を生で食べてしまいノロウイルスに感染してしまう人もいるようです。

そしてノロウイルスは牡蠣の内臓に溜まっているものなので、牡蠣の表面をしっかりと洗っても、全く意味はありません。
またノロウイルスはアルコールに耐性があるものなので、アルコールで死滅させることも出来ません。

それでは、気になるノロウイルスの死滅方法をご紹介します!

牡蠣に蓄積されたノロウイルスを死滅させるには、『90度で90秒以上の加熱』しか方法がありません。
因みにこれは、牡蠣の表面温度ではなく『中心温度』になります。

牡蠣を生で食べる場合には、やはりかなりリスクを伴うのですね…。
因みにこれらの事は牡蠣の場合だけではなく、他の貝類にも共通することなので、貝類を食べる際には十分に加熱して下さいね!

新鮮な牡蠣なら、ノロウイルスの心配はない?

では新鮮な牡蠣であれば、ノロウイルス感染の心配はないのでしょうか?
生で牡蠣を食べたい人にとっては、とっても気になりますよね!

残念ながら…新鮮な牡蠣であっても、ノロウイルスを蓄積している場合はあるようです(;_:)

牡蠣は海にいる時に海水からノロウイルスを摂取してしまうので、
牡蠣の鮮度自体とは、全く関係がないのです。
鮮度ではなくその牡蠣が、ノロウイルスを蓄積しているかどうかだけの問題なのです。

どこで採れた牡蠣なのか、また牡蠣が採れた時期が重要となってきます。

例えば広島県では、条例により『牡蠣の生食可能』な指定海域が決められています。
塩分濃度の濃さや雑菌や大腸菌の量によって、厳しい審査をクリアしているそうです!

牡蠣のウイルスによる症状!予防する方法はある?のまとめ。

牡蠣を生食するには、やはりかなりの注意が必要なのですね(^_^;)
とっても美味しい牡蠣ですが、ウイルスによる症状はとても辛いものです。

牡蠣の鮮度とウイルスは関係がないので、しっかりと加熱するなど、注意して召し上がって下さいね☆

< Sponsor Link>