牡蠣の生食と加熱の違い!『鮮度』は関係する?


< Sponsor Link>

牡蠣には生食用と加熱用がありますが、その違いって皆さんご存知でしょうか?

牡蠣の生食用と加熱用にある『とっても重要な違い』や、牡蠣の臭いについて、牡蠣の産地や旬、驚きの栄養価についてご紹介します☆

牡蠣の『生食用』と『加熱用』の違いは?

スーパーなどでも市販されている牡蠣ですが、生食用と加熱用の2種類がありますよね。
そしてやはり生食用の方が、お値段も少し高いですよね(-_-)/
では生食用と加熱用の牡蠣って、何が違うのでしょうか?

答えはズバリ!『指定海域の違い』です!

牡蠣は保健所が指定した海域(指定海域)で捕れたものしか、生食用としての販売が出来ないのです!
そしてその指定海域以外で捕れた牡蠣が、加熱用として販売されているのです。

指定海域かそれ以外にするのかは、保健所が定期的に水質を検査して決めているのです。
また指定海域以外でも、定期的に水質の調査はされていますので安心して下さいね☆

なので生食用の牡蠣は、『鮮度』は全く関係ありません。
牡蠣にあたると症状は軽い場合から重症化する場合まであるので、やはり色々と注意が必要です。

新鮮だからといって、加熱用の牡蠣を生食は絶対にしないで下さいね!!

牡蠣の臭いが苦手…対策はあるの?

牡蠣は好きなのだけど…「牡蠣の臭いが好きになれない」という人もいらっしゃるようです。

牡蠣から『薬品』のような臭いがするという声も聞きます。ではその原因は何なのでしょうか?

牡蠣は海中にいる際、プランクトンを主食としています。
そのプランクトンには「ジメチルプロピオテチン」という物質が
含まれています。

ジメチルプロピオテチンは牡蠣の体内で変化して、「ジメチルスルフィド」という成分を形成します。
この、「ジメチルスルフィド」こそが、牡蠣の臭いの原因なのです!

人の嗅覚には個人差があります。
しかし薬品のような臭いがする牡蠣は毒素を含んでいる訳ではないので、食べても問題ありません(^^)

また牡蠣の臭い対策ですが…洗うことで軽減するしかありません。
牡蠣は基本的には、水または塩水の中で優しく洗いますが、おすすめの洗い方は、「大根おろし」で洗うことです!

大根おろしを牡蠣に汁ごとかけて軽くもみ洗いすると、牡蠣の汚れと共に、牡蠣の臭いも軽減されます☆

< Sponsor Link>

牡蠣の主な産地はどこ?牡蠣の旬はいつ?

牡蠣は流通しているものの大半が養殖されたものですが、天然物の岩牡蠣が取れる地域もあるのです☆
天然物の岩牡蠣…牡蠣好きにはたまらないですよね(^^)

広島の宮島や宮城の松島、三重の的矢、北海道の厚岸やサロマ湖が産地の牡蠣は、養殖された牡蠣になります。
秋田の象潟や石川の能登半島、千葉の銚子が産地の牡蠣は、天然物の岩牡蠣になります!

天然物の岩牡蠣は摂れる量が限られてくるので、やはり価格もそれなりにしますよね(^_^;)

牡蠣は年中食べることは出来ますが、『真牡蠣は冬』で『岩牡蠣は夏』が旬になります。

真牡蠣は11月頃から美味しくなり、ピークは3月から4月だと言われています♪

逆に夏場の真牡蠣は食中毒の可能性が高くなるので、注意が必要です!
出来れば5月から8月の期間には、真牡蠣は食べない方が安心ですね。

牡蠣が『海のミルク』と呼ばれる理由は?牡蠣の栄養成分は?

牡蠣はよく『海のミルク』と呼ばれますよね。その理由って、皆さんご存知でしょうか?

牡蠣が『海のミルク』と呼ばれる1つ目の理由は、『身がミルクのような乳白色』という点です。

そして2つ目の理由は『ミルクと同じようにたくさんの栄養素を含んでいる』という点です。
では主に、牡蠣にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

牡蠣は鉄や銅などの『ミネラル』を多く含んでいます。
ミネラルには特に女性が嬉しい、『貧血予防』に効果があります!

そして牡蠣には、『亜鉛』や『タウリン』なども多く含まれています。

人の体は亜鉛が足りていないと、発育不良や肌荒れ、味覚障害や肝機能の異常などが考えられます。
人の体にとって亜鉛が不足してしまうということは、危険なことなのです(゜o゜)

タウリンは滋養強壮や疲労回復、眼精疲労などに効果があります。

牡蠣の生食と加熱の違い!『鮮度』は関係する?のまとめ。

牡蠣は美味しいことはもちろんですが、『海のミルク』と呼ばれるとっても栄養効果も高い食材です!

牡蠣は生食用か加熱用かがとても重要なので、しっかりと確認しましょう!
また牡蠣の産地もチェックして、より美味しく牡蠣を召し上がって下さいね(*^_^*)

< Sponsor Link>