牡蠣はb型の人はあたらないって本当?牡蠣にあたる原因とは?


牡蠣を食べる時には…心配な点がありますよね。
牡蠣は美味しいけれど、『あたる』という心配があります(―_―)!!

牡蠣にあたると嘔吐や下痢、発熱などの辛い症状が現れます。
しかし『b型の人は牡蠣にあたらない』という噂があるのです!
果たしてそれは本当なのでしょうか?もし本当なら、かなり驚きですよね!!

牡蠣にあたる主な原因やウイルスを死滅させる方法、b型の人は牡蠣にあたらない?根拠などをご紹介していきます!

『牡蠣にあたる』主な原因って何?

牡蠣にあたる原因には、主な原因がいくつか挙げられます。

牡蠣にあたる原因で1番多いのは、『ノロウイルス』です!

海中には僅かですが、ノロウイルスが漂っています。
そして牡蠣は海中にいる間に多くの海水を飲むので、体内にノロウイルスを蓄積してしまう可能性があるのです。

そしてそのノロウイルスが海中に漂ってしまう要因は、実は私達人間にあるのです!牡蠣は人糞や嘔吐物に混じったノロウイルスを蓄積してしまい、結果その牡蠣を食べた人がノロウイルスに感染してしまうという悪循環なのです(+_+)

牡蠣にあたる原因で2番目に多いのが、『牡蠣の毒素』です!

牡蠣は主にプランクトンを食べるのですが、まれにプランクトンが毒素を持っている場合があるのです。
毒素を持ったプランクトンを牡蠣が食べると…毒素を蓄積してしまうのですね。

牡蠣にあたる原因で3番目に多いのが、『腸炎ビブリオや大腸菌』などの細菌によるものです!

これも海水を濾過する際に、牡蠣が体内に蓄えてしまうようです。

b型の人は牡蠣にあたらないって本当?その根拠は?

結論を先にお話しますと…『b型の人は牡蠣にあたりにくい』のです!
では何故b型の人は、牡蠣にあたりにくいのでしょうか?

先程ご紹介したように牡蠣にあたる原因の大半は、『ノロウイルス』によるものです。

ノロウイルスにはいくつの種類が存在するのですが、『ノーウォークウィルス』という代表的なウイルスがあります。
ノーウォークウィルスは、血液型がb型の人には、なんと感染しないのです!!

ノーウォークウィルスには、レセプターと呼ばれる部分があります。
レセプターとはウイルスと人を結合させる部分なのですが、b型の人にはノーウォークウィルスを結合させるレセプターが無いのです!

< Sponsor Link>

しかしノーウォークウィルス以外にもウイルスにはたくさん種類がありますよね…。

よって『b型の人は牡蠣にあたらない』のではありません。
あくまでも『b型の人は牡蠣にあたりにくい』のです。

『血液型がb型の人』だけに感染しないウイルスがあるなんて、驚きですよね(゜o゜)

ノロウイルスは牡蠣を加熱すればOK?貝毒や細菌は死滅する?

牡蠣がノロウイルスを蓄積している場合には、きちんとした加熱処理をすれば死滅します。

牡蠣のノロウイルスを死滅させるには『90℃以上(牡蠣の中心温度)で90秒以上』加熱するだけです!
ノロウイルスはアルコールでは死滅しないので、きちんと牡蠣を加熱するようにして下さいね☆

続いて貝毒ですが、生産者や保健所が徹底した検査を行っているので、出荷されることは無いようです。

ちなみに貝毒は加熱をきちんとしても、死滅することはありません!
出荷されることは無いようですが…貝毒って恐ろしいですね(゜o゜)

腸炎ビブリオや大腸菌などの細菌は、出荷前に滅菌処理がきちんとされているそうです。
なので牡蠣の細菌によってあたることは、基本的には考えられないでしょう。

また腸炎ビブリオや大腸菌などの細菌は、牡蠣を加熱することで死滅します。

牡蠣が汚いことが原因で、あたることもある?!

牡蠣の殻はデコボコしているので、殻の表面に汚れが残っている場合があります。

牡蠣の殻に汚れが残っていると、そこから雑菌が侵入してしまい、あたる原因となってしまうこともあるのです!

衛生管理レベルがしっかりとしていれば、牡蠣の殻の汚れが原因で、牡蠣にあたるという心配はありません。

自宅で牡蠣を調理する場合には、牡蠣を調理する場所や器具は、きちんと除菌しておくことが大切です。

牡蠣はb型の人はあたらないって本当?牡蠣にあたる原因とは?のまとめ。

驚くべきことにb型の人は、一種のノロウイルスには感染しないので、『b型の人は牡蠣にあたらない』という噂は嘘ではないのです!
しかし牡蠣を生食することには、不安は付き物です(^_^;)
加熱によって死滅する菌もあるので、心配であれば牡蠣は加熱して食べた方が安心ですね。

< Sponsor Link>