山芋アレルギー?対処するには、きちんとした見極めが肝心!


「山芋を調理したときに手がかゆくなる」や「食べた時に口の周りがかゆい」
といった経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

「これってアレルギー?」と不安になった人も多いでしょう。

しかし、山芋について調べてみると、
一概に「アレルギー」とは言えないよう。

ネットではアレルギーによる症状とそうでないものが混同された記載が多い!
ので、ここでしっかりその違いを把握しておきましょう。

シュウ酸カルシウムによるかゆみ

山芋を調理する際などに皮膚に触れかゆみが起こるのは、
シュウ酸カルシウムによるものが多いとされています。

シュウ酸カルシウムは、山芋の皮の下付近に多くあり、
針のような尖った形をした結晶で、
これが皮膚に刺さることによってかゆみが生じます。

私も同じような経験がありますが、どうやらアレルギーではなく、
この結晶によるものだったようです。

シュウ酸カルシウムによるかゆみを防ぐには、「酢」を用いましょう。
この結晶は酸や熱に弱いので、皮をむいた山芋を調理前に酢水につけておいたり、
あらかじめ手に酢をつけておくことでかゆくならないようです。

免疫反応を介したアレルギー

まず、アレルギーについて説明します。
本来私たちの体には、体内に異物が入ってきたときにこれを
攻撃する免疫反応が備わっています。

しかし、この免疫反応が食べ物や花粉などの
害のないものにまで起こることがあります。
これを、「アレルギー」といいます。

< Sponsor Link>

このアレルギーを起こす原因となる物質を「アレルゲン」といいますが、
山芋がこのアレルゲンだと認識されてしまった場合、
山芋アレルギーということになります。

しかし、この免疫反応を介した山芋アレルギーを持っている人は少ないそう…。
では、山芋を食べて、かゆみを感じたり、
吐き気を感じる人は何が原因となっているのでしょう?

仮性アレルゲン「アセチルコリン」

その原因は、山芋に含まれている「アセチルコリン」という物質です。

アレルギーで体に様々な反応が起こるのは、
免疫反応の過程で化学物質が生成されるからなのですが、
もともとそのような反応を起こす化学物質が食べ物の成分に
含まれていることがあり、これを仮性アレルゲンといいます。

山芋に含まれる「アセチルコリン」は、仮性アレルゲンとして、
免疫反応に関係なく直接人体に作用し、
かゆみや嘔吐を引き起こしているのです。

こちらも加熱によって反応が低減するとも言われていますが、
発症するかしないかは人それぞれなので、病院で検査する必要があります。

また、免疫反応に関わらず起こる反応なので、
小さな子供などに与えるときには十分に注意しましょう。

まとめ

山芋を調理する際、かゆくなるのは肌が弱いから…
と今まであまり気にしたことがありませんでしたが、
ときにそれは、重大な症状につながるサインなのかも知れないと分かりました。

幸い、私の場合は食べてからの反応は無いので、
心配ないようですが。皆さんも症状が軽いからといって見過ごさず、
今後山芋を食べる際には気にしてみてください!

< Sponsor Link>