鱈の胃袋は美味しい?知らなかった鱈のあれこれ!まとめてみました★


< Sponsor Link>

「鱈」聞いて皆さんはどんな事を思い浮かべますか?
私は「白身魚、鍋の具…」くらいで、ほとんど何も知りませんでした。

たまたま鱈について調べることがあり、
知らなかった面白い情報がいくつかあったので、まとめてみました!

○○は鱈の胃袋でできていた!

ではまず、表題にもなっている鱈の「胃袋」について触れたいと思います。
まず、魚の胃袋って食べれるの?って思いますよね…

たいてい魚を調理する際は、他の内臓と一緒に取り除いてしまいますし、
ペラペラしていて食べるというほどの量も無いような…

というのが私の印象でしたが、鱈の胃袋は違うようなんです!

魚体のサイズにもよると思いますが、大きくて分厚く、程よい苦味があり、
噛めば噛むほど旨みが出てきて、美味なんだとか!

湯通ししたものを、他の野菜などと炒めても美味しいですが、
何と言っても有名なのが「チャンジャ」です。

韓国料理で知られるチャンジャ。
イカの塩辛に似ているな…と思っていましたが、
鱈の胃袋だったとは驚きです。

鱈はエラまで食べられる?!

これまた驚きですね!胃袋の次は「エラ」…。
エラは、魚の呼吸器官で、魚が海水を体内に取り込む際の、
フィルターの役目を果たすわけで、とても食べられるものとは思えません。

そのエラをどのようにして食べるのかというと、

このような干物にして食べるそう。
これは、鱈のエラと胃を干物にしたもので「たら胃(タラオサ)」
と呼ばれています。

九州の大分県では、これを水で1日かけて戻し、
砂糖、醤油、みりんで煮つけて、ご馳走としてお盆に食べるそうです。

エラは、粘り気があって、軟骨のような食感もあり、
フカヒレ級の美味しさという人もいるそう…。
いったいどんな味なのか、興味が湧きますね!

ドイツ語では「海の鮭」!

話は変わりまして、海外ではどのように認識されているかも調べてみました。
鱈はドイツ語ではSeelachsと書きます。

< Sponsor Link>

Seeは海、Lachsは鮭の事だそうです。

つまり、鱈は「海の鮭」ということになりますが、
全然違う魚だと思うのは私だけでしょうか?

身の違いは誰もが分かるとおもうのですが、
外見は少し似ているのかな…?

名前の付け方は良いとして、
ドイツではこの2つがきっちり分けられていないことも多いのだとか。

自分で見て購入する場合はまだしも、
レストランなどでフライになっていると食べるまで解らないそう…。

日本では有り得ないですね!

スペイン語圏での鱈とは?

もう少し、海外での鱈について調べてみました。
鱈は水分が多く、傷みやすい魚というイメージでしたが、
スペイン語圏では塩漬けにした干ダラがとてもポピュラーな食材のようです。

鱈はスペイン語でバカラオと呼ばれ、
塩ダラはバカラオ・エン・サラソンと呼ばれるそうですが、
実質的にはバカラオで塩ダラの事を指すことが多いようです。

見た目はこのような姿で、日本人にはあまり馴染みが無いですね…。

しかし、保存性の高いバカラオは、航海中の食料に向いており、
古くから三角貿易でも盛んにやり取りされ、
広い地域で食べられているそうです。

鱈は水深約500mの深海に生息しており、
その水圧に耐える為、トリメチルアミンオキシドという成分を含んでいます。
これが、臭みのもととなるのですが、塩がこの臭みを抑えてくれるそうです。

塩ダラは保存性を高めるだけでなく、美味しさも高める、
理にかなった加工方法と言えるでしょう。一度食べてみたいですね!

まとめ

以上、鱈のあまり知られていない一面でした。
いかがでしたでしょうか?私の鱈に対するイメージはだいぶ変わりました。
特に、胃やエラを食べるあたりはかなり驚きました。

日本の一部地域では、余すところなく食べられている鱈も、
国が違えば鮭との見分けもつかないというところも面白いですね!

次、鱈を食べるときには、このことを少し思い出して頂きたいと思います♪

< Sponsor Link>