鱈はダイエットの強い見方★釣り方から食べ方まで教えちゃいます!


鱈は魚の中でも群を抜いて、低カロリーって知っていましたか?

肉などに比べて魚自体が低カロリーなものが多いですが、
その中でも特に、鱈は脂質の量が違います。

例えば牛肉100gあたりに、脂質が30~50gほど含まれるのに対し、
鱈は0.2gと桁違いです。

そんなダイエットに最適な鱈についてまとめてみました。

鱈ってどんな魚?

鱈は、北半球の寒冷な海に分布している肉食性の底成魚で、
日本で鱈と呼ばれるものには、マダラ・スケソウダラ・コマイの3種があります。

旬は、産卵期を迎える12~3月の寒い時期で、身が雪のように白く、
雪が降る時期においしくなることから、
「魚」に「雪」と書くとも言われています。

しかし、古くから日本では「大口魚」とも呼ばれています。
これは、大きな口を開けて、手あたり次第に食べる様子からきており
「たらふく食べる」の語源にもなっているそうです。

「鱈」と「大口魚」ではだいぶイメージが違いますね…
今回はそんな鱈の中の「マダラ」について紹介します。

鱈の効能、ダイエットだけじゃない?

では、タイトルにもある鱈のダイエット効果や、
そのほかの効能について紹介します。

鱈が、ダイエットに向いている理由は、
高タンパクな上に冒頭でも述べたとおり、低カロリーであることです。

また、ほぐれやすく消化が良いので、胃腸が弱ったときにも食べられますし、
離乳食や介護食のタンパク源としても重宝されています。

また、鱈はビタミンやミネラルも豊富です。
鱈にはビタミンA、B、D、Eなどが含まれており、
ビタミンAは、皮膚や粘膜保護の働きから、風邪や肌の乾燥を防いだりします。

ビタミンB12は、これもまた鱈に含まれる葉酸と共に、
新しい赤血球を正常に作る作用があります。

他にも、ビタミンDはカルシウムに吸収を助け、
骨や歯を丈夫にしたり、ビタミンEは活性酸素抑え、
生活習慣病の予防や免疫力の向上が期待できるそうです。

ダイエット以外にも、女性に嬉しい効果が盛りだくさんです!

鱈の釣り方とさばき方★

普段、鱈を食べると言っても、
スーパーで切り身になっているところしか見ませんよね?
ということで、釣り方や、さばき方を簡単にまとめてみました。

「大口魚」とも呼ばれるように、その大きな口の中には、
鋭い歯が内向きに並び、一度くわえた獲物は逃さないのだとか。

また「たらふく食う」の語源にもなっているように餌も比較的選ばず、
なんでも食べる為、一度食いつくと釣りやすい魚とも言われています。

< Sponsor Link>

また、成長したものだと体長1m、体重10㎏級になり、
あたったときの引きは相当なものだそう…。最後は体力勝負です!

鱈は、150~300mくらいの水深で釣りやすいようで、
釣り方としては深場釣りというタイプになるようです。

仕掛けは、胴付き5本が基本で、タコベイトなどの光物や、
フラッシュライトなども効果があるそうです。

餌は、サンマ、サバ、スルメイカなどが用いられます。
特に、サンマの半身を斜めに切り、塩で締めた加工物への反応は良いようです。

釣った魚は、このようにさばきます!

鱈を美味しく食べよう!

鱈の基礎知識もだいぶ蓄えられたと思うので、最後に、
嬉しい効能が沢山の鱈を、美味しく食べる方法をご紹介します!

まず、新鮮な鱈を選びましょう!選ぶ時のポイントは、
目が黒々としていて皮に張りがあること。

切り身の場合、身に透明感があり、切り口の角がしっかりと立っていて、
弾力があることです。

鱈は鮮度が落ちやすく、時間が経ったものは身が白くなり、
臭いも出てくるので、こういうものは選ばないようにしましょう。

さて、調理方法ですが、鱈は淡泊な味わいなので、
鍋や煮物などの和食にももちろん合いますが、ムニエルなどの洋食にも向いています。

その中でも、今回お勧めしたいのは「鱈と白菜のコンソメスープ」です★

鱈には、前述したように肌や風邪によいビタミンAが含まれていますが、
ビタミンCが不足しています。

そこで、ビタミンCが豊富な白菜と一緒にすることで、相乗効果が期待できます!
また、ビタミンCは水溶性で水に溶けてしまうのですが、
スープまで飲み干すことで、余すことなく体に取り入れられます!

鱈、白菜共に低カロリーですし、ダイエットにもおすすめ!
ということで、1度試してみてください♪

まとめ

鱈がダイエットに適しているということから、
掘り下げて調べてみましたが、その効能だけでなく、

普段切り身を買っているだけでは想像できないほど魚体が大きかったり、
身の美しさとは対照的な大食いの一面を知ったことで、
より「鱈」というものを深く知ることができたと思います。

とは言っても、やはり一番の報酬は、カロリーの低さや、美肌効果かなぁ…(笑)
ということで、味だけでなく、体にも美味しい鱈を食べましょう!

< Sponsor Link>