里芋に毒?!皮をむいたら緑や赤色に…その正体教えます★


里芋の皮をむいたら、緑色や赤色になっていたことはありませんか?
野菜がそんな色に変色するなんてよくあることではないので、
見つけてしまったときはびっくりしますよね!

「果たしてこれは食べられるのだろうか…?」

悩んだ挙句に、捨ててしまうこともしばしば。
ここでは変色の原因や、その他里芋の性質を紹介します!

里芋の変色、色とその原因!

まずは、皮をむいたら緑色になっていた場合です。
じゃがいもの緑化したものは毒があるので
食べない方がよいというのは有名ですが、里芋は違うようです。

これは、栽培の過程で日光が当たったり、購入後明るいところに放置することで、
葉緑素ができてしまうことが原因とのこと。
なので、食べるのに問題はありません!

次に、赤くなっている場合ですが、これも食べるのには問題はありません。
これは里芋に含まれるポリフェノールが酸化したことが原因です。

色の毒々しさに比べると、意外にもどちらも問題なく食べることができます。
しかし、味は落ちてしまいますので悪しからず!

里芋に芽が…これは食べられるの?

前述した、じゃがいもの緑化と同じく、じゃがいもの芽に毒があることも有名です。
せっかくなので、里芋の芽についてもご紹介します!

これもまた、芽が生えているのを見ると「食べない方がいいかな…」
と思いがちですが、食べることが出来ます。

まず、普段私たちが食べている里芋の部分ですが、
これは「根」ではなく「茎」の部分に値します。

ここから伸びてくる芽「葉柄」になるわけですが、
この部分は芋茎(ズイキ)といって別の食材として扱われています。

つまり、後に芋茎として食べられるものの元である芽を食べるのに、
問題など無いということです!

茹でたら灰色に…のどのイガイガにも関係あり?

里芋の変色というと、
茹でた際灰色になってしまうことを思い浮かべる人もいるでしょう。

< Sponsor Link>

白くてほっこりした里芋を楽しみに調理していたのに、
ふたを開けると「え…!何だか黒い…」と肩を落としたことはありませんか?

これは、里芋に含まれるシュウ酸が、アルミなどの鍋の成分に反応するため。
これを防ぐには、下茹でする際にお米のとぎ汁を使いましょう。

シュウ酸が溶け出して、白く綺麗に仕上げることができます。

また、このシュウ酸は里芋のアクの成分でもあり、あく抜きが十分でないと、
針状の形をしたシュウ酸カルシウムという物質になり、
口の周りやのどがチクチク、イガイガすることがあるようです。

お米のとぎ汁を使って、綺麗で美味しい里芋料理を作りましょう!

里芋には毒どころか毒出し効果が!

里芋にも、じゃがいものように何か毒があるのかと調べてみると、
毒があるというような報告はなく、
反対に「毒出し」の効果があることを発見しました。

里芋は、昔から「芋薬」と呼ばれるほど効能が知られているそうで、
すりおろした里芋に生姜や小麦粉を混ぜたものをカーゼに塗り
「里芋湿布」として使われるそうです。

里芋には、解毒作用や冷却効果があり、
この里芋湿布には打ち身ややけどだけでなく、
ガンなどの重い病気の毒出しにも効果があるのだとか。

このような里芋の効果は全く知りませんでした…
先人の知恵として、頭に入れておくと役立つときがあるかもしれません!

まとめ

変色した里芋には毒があるのか?というところから話を広げてきましたが、
緑や赤に変色していたり、芽が出ていても、
毒はなく食べるのに問題はないことが分かりました。

また、里芋は毒があるどころか、毒出し効果という薬のような効能があるようです。
ただ、手のかゆみやのどのイガイガなどをもたらすシュウ酸には用心したいですね!

< Sponsor Link>