『春の出世魚、鰆のうんちく』


魚へんに春と書いてサワラという魚は、その名の通り、かの有名な春の
出世魚です。
成長の段階別で、名前が変わっていきます。

稚魚の時は、サゴシという名で呼ばれ、成魚になるとサワラとなります。
成長すると、体長が1メートル程、体重が7キロ程になる魚です。

顔が小さくスリムな鰆は、サゴシの時代は(サゴシ=狭腰)、鰆の時代を
(サワラ=狭腹)という意味の名前だそうです。
小顔でスリムだなんて、羨ましい体型ですね。

「鰆の旬は?美味しい時期」

春の魚とは言われていますが、春が旬というわけではないようです。
春先になると産卵の為に沿岸付近に寄って来て、人目につく様子から、
春を知らせる魚と呼ばれるようになったのです。

関東では冬が旬で「寒ザワラ」と呼ばれています。
引き締まってプリプリした食感を連想させる呼ばれ方ですね。

産卵前の鰆は太っていて脂が乗っています。春先の一番美味しい時期と
なります。
また、卵は白子として食されています。

そんな鰆の美味しい召し上がり方をいくつかご紹介しましょう。
今夜の食卓に活きのいい鰆が並ぶかも知れませんね。

 

「鰆の炙りは、素材の美味さが際立つ」

新鮮な鰆は、もちろん刺身でいただくのが一番の贅沢だと思います。
鰆の刺身は皿まで舐める、などという言葉も生まれたそうです。

魚好きにはたまりませんが、血合いの色の濃さなどから、刺身では食べない
地域もあるとのこと。
見た目や風味の好みで、調理法も様々なようです。

< Sponsor Link>

そこで、鰆の炙りをオススメしたいと思います。
三枚におろした鰆をバーナーで炙り、サッと氷水に漬け、水気をよく取り
刺身に引いた一品です。

カボスや柚子を絞って食べると、生臭さが消え、炙った皮の香ばしさと、
プリッと引き締まった身の味わいが際立ち、本当に美味しくなります。

鰆も、カツオもそうですが、炙りにすると刺身の状態より、数段風味が
豊かになるのではないかと感じられます。
炙りによって封じ込められる旨味に、舌鼓を打つことでしょう。

「定番のホクホクおかず、鰆の漬け焼き」

これはもう、間違いなく美味しい逸品ですね。
日本の食卓の代表とも言える漬け焼きは、手間暇かからず簡単です。

お好みの味に調えた漬け汁に、切り身の鰆を一晩漬けこみ、しっかりと
味のしみ込んだ鰆を食べる前に焼くだけです。
醤油、酒、味醂の基本ベースだけでも十分満足な仕上がりになります。

蓋付き容器に漬け込み2~3度ひっくり返し、両面によくしみ込ませます。
ポリ袋でしたら口を縛り、そのままの状態で焼くまで保存しておけます。

気分を変えて、生姜や胡麻などを使っても良いでしょう。
焼き油にオリーブオイルを使ったり、ごま油で焼いてみたりと、それぞれの
ご家庭の好みでアレンジしてみてください。

鰆自体がアッサリとした風味なので、様々な調味料や具材と相性がよく
調理によって美味しさの七変化が楽しめますね。
出世魚の恩恵にあずかり、明日への活力に美味しい鰆を堪能しましょう。

< Sponsor Link>