さんまのワタの取り方は?簡単な方法紹介します


< Sponsor Link>

秋刀魚の通り秋に旬を迎えるさんまですが、スーパーでは冷凍されていたさんまが年間を通して販売されているくらい、生活に密着した魚ですね。

最近はワタ抜きされた状態のさんまも売られていますが、私の場合新鮮かどうか判断がつきにくく、なんとなく頭付きのまま買っていました。

それなら自分で上手にワタ抜きすればいいんだ!ということで上手にワタ抜きする方法を調べたので紹介します。

さんまのわたぬきが簡単に!

お腹を開いてワタを取ると手が生臭くなるし、まな板も汚れるので私はもっぱらこの方法でやっています。

うまく取れない時は肛門の手前に少し切れ込みをいれるとスルッと取れます。細かい血合いなどは残りますが、それもさんまの旨味ということで

煮付ける時は特につぼ抜きにしてあると煮崩れしないのでお勧めです。つみれなどにする時は三枚おろしにして、その時に内臓を綺麗に取り除けばいいですね

血合いや残ってしまう内臓が気になる場合はお腹を割いて取り出しましょう。一番きれいに取れます。ただ塩焼きにしても煮付けてもさんまの油(旨味)が流れてしまうので、個人的にはつぼ抜きがお勧めです。

ちなみにワタを見てみると寄生虫がいる場合も!たいていは赤い糸状のヤツです。

・・・やだなぁ。お腹を割くと見つけやすいから、私はあえてつぼ抜きです(笑)
ちなみに食べても問題ありません。加熱すれば寄生虫はサヨナラできます。
内臓苦みがさんまのおいしさ!という好みの方もいますしね。さんまは胃と腸の区別なく、排せつ物が体内に残りにくいので、えぐみがなく食べても美味しいんですね。

旬の時期のさんまは塩焼きが美味しいですよね。塩焼きならワタ抜きしなくても、焼いた後に簡単に取り除くこともできます。正しい焼き魚の食べ方をすれば苦いワタの部分もきれいにとれます。

< Sponsor Link>

ただお刺身にする場合は、青魚やイカによく寄生しているアニサキスがいる場合があります。普段は内臓にいるのですが、鮮度が落ちると内臓から身にも移動してしまうので、さんまを刺身で食べたい場合はすぐに内臓を取り除いておくことが大切ですね。

アニサキスを食べてしまうと数時間後には激しい腹痛や嘔吐などの症状がでます。大急ぎで病院へ行きましょう。

さんまの血抜きは必要?

さんまの頭に切り込みを入れると血がでてきますよね。一般的にスーパーで売られているものは血抜きがされていません。

塩焼きにしても煮付けにしても血抜きされていない状態でそのまま焼いてもさんまはおいしく食べられます。

ただ内臓から傷みが始まるので、買った当日に食べられない場合などは内臓をとって、地をきれいに洗い流してから冷蔵庫にいれれば3日くらいは鮮度が保てるようです。

さんまは漢字一文字の字がない!?

ちなみに魚はほとんど漢字一文字で書かれますよね。あじ(鯵)やまぐろ(鮪)のようにさんまには漢字一文字の字があるのかと思い調べてみました。

結論は、さんまは秋刀魚!漢字一字の文字はありませんでした。
江戸時代中期以降に食卓に並び始めますが、そもそも食用ではなく魚油をとるための魚だったこともあり漢字が造られなかったのではないか、とのことです。

お寿司屋さんにある魚の名前が並ぶ湯呑茶碗をいくら見てもさんまは見つかりません。

まとめ

さんまは下処理がなくても塩焼きで美味しく食べられるとっても気軽な魚ですが、やっぱり苦い内臓は取り除きたいこともありますよね。特に子どもがいる場合は内臓はほとんどの子が嫌いです。紹介した方法で食べやすくなってくれるといいなと思います。

ちなみに内臓にはレチノールという美肌効果があるビタミンAの一種が豊富に含まれています。小じわやたるみが気になる場合は積極的に食べた方がいいという意見もあります。

でも苦手なものは苦手!美肌効果との天秤にかけて食べるのも取り除くのもよしですね。

< Sponsor Link>