鮭とシャケの違いって何!?鮭について紹介します


< Sponsor Link>

鮭の読み方はサケ?シャケ?どっちが合っているのかわからなくなりますよね。
今回は鮭について色々と調べてみました。

鮭のカロリーや栄養も紹介するので見てみてくださいね。

鮭とシャケについて

読み方が2通りある?サケと人とシャケという人といますよね。さて、どちらが正解かというと「サケ」の方でした。辞書などに書かれている読みや「サケ」ですが、「シャケ」は間違いかというとそうでもないんです。

読み方が2通りある理由は諸説ありますが、
「シャケ」は江戸(東京)などの方言関東の人はシャケという人が多いようですね。ちなみに私は静岡西部ですがシャケ、大阪のいとこはサケと言っていました。現代では地方への人の行き来も活発なので方言という感覚が薄くなっていて混在しているのかな。

「シャケ」は加工品、「サケ」は生きている鮭または生の鮭
辞書によっては「シャケは主に加工したもの」という注釈がついているものもあります。お酒の席などで酒と鮭の発音の区別をつけるために料理されたものを「シャケ」というのはわかりやすくて一理ありますよね。

この二つが私としては納得できる理由でした。漢字テストなどでは「サケ」を使った方が正しいでしょうが、言葉は生きているものなので「サケ」も「シャケ」もどちらも同じく鮭を指すので間違っていない!

読み方で議論になったらどちらもアリってことで収めましょう(笑)

鮭は川魚?海の魚?

鮭は川で生まれて海を数年かけて回遊して、生まれ故郷の川に戻ってきて産卵して一生を終えます。遡上の光景はテレビでしか見たことがないですが、迫力があっていいですよね。いつか見てみたいなぁ。

もともとは川に生息していた鮭が進化の過程で海へ飛び出したということみたいですね。
そのためマグロなどと同じく海を回遊する魚なのに、分類としては白身魚です。鮭の仲間であるマスが白身魚なのは海に出て回遊しないからですね。

< Sponsor Link>

鮭のピンク色は海で食べるエサ(主に甲殻類)の色素と回遊することで筋肉が赤くなるためです。

ちなみに日本での鮭の漁は海から川に戻ってくる前に沿岸部で獲る事が多いみたいです。鮭が遡上してくる地域の川では昔ながらの漁法で河口の定置網漁や伝統漁法をしている地域もあるみたいですが、今スーパーなどで安く手に入るのは養殖ものがほとんどですね。

鮭の栄養は?

鮭は消化吸収の良い良質なたんぱく質が多くあるので離乳食などにもお勧めです。タンパク質の他にもコレステロールを抑えて動脈硬化や高血圧予防にもなるEPAや脳の細胞を活性化させるDHAなどの不飽和脂肪酸を含んでいます。

鮭の栄養としてタンパク質と脂質は有名ですが、それだけでなくカルシウムの吸収をサポートするビタミンDや、代謝をサポートするビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンEが多いのも特徴です。

さらに鮭のピンク色成分であるアスタキサンチンは強い抗酸化作用があり、シミやシワの原因となる活性酸素をやっつけてくれるんです。

朝食や夕食、お弁当に焼き鮭という生活習慣は健康にもよさそうですね。

焼き鮭のカロリーは一切れ(86g)で110kcalとあまり高くありません。塩鮭は塩分が高いので高血圧の人は注意が必要です。

ちなみに鮭の皮は脂身が多くカロリーが高そうなイメージがありませんか?ついつい残してしまいがちな皮ですが、鮭の皮にはコラーゲンがたっぷりです。せっかくなので皮ごと食べてしまいましょう。

まとめ

食卓になじみが深いシャケについてまとめてみました。いかがでしたか?食卓に並ぶものはシャケと関東在住の私はあえて使ってみましたが、サケでもシャケでもお好きな言い方で呼んで、生活習慣のためにもたくさん食べたいですね。

肉食が多い我が家ですが、調べれば調べるほど鮭が魅力的で早速今夜の夕飯は焼き鮭です!

< Sponsor Link>