【白トリュフの化粧品で色白美肌】


< Sponsor Link>

北イタリアのピエモンテ地方で穫れる白トリュフは、香気の点でも、
質の点でも大変優れています。
白いダイヤモンドと呼ばれるほどの価値が認められている、希少な
存在です。

その香気とは、にんにくを思わせる匂いがするとか、ガス漏れの匂いが
するとか、香りに関しては「強い」というイメージです。
高級素材で価値あるものでも、好き嫌いの差が出てきますね。

ゆえに、塊のまま大量に食べるということはなく、ヒラリと薄くスライス
して、クリーム系のソースやリゾットなどの料理に添えられます。
この強い香りが好みならば、ごく薄くスライスして生のままサラダに振って
食べることも好まれるようです。

白トリュフの強い成分は美白効果やシミに効くとか、黒トリュフには肌の
若返り効果があるという話もあるようです。
これは食べての効果ではなく、肌に乗せたり塗ったりすることのようですね。
まさに媚薬としての効果が期待される、神秘の素材です。

「白トリュフ化粧品として作られたもの」

「ソニア リキエル」から、白トリュフを配合した高機能クリームが登場した
そうです。
《白いダイヤモンド》と呼ばれる高級食材の白トリュフは、肌に不可欠な
美肌に不可欠な美容成分を豊富に含むことに着目されたのです。

フレッシュで貴重な白トリュフエキスを配合し、使った瞬間から感じられる
ハリや弾力、肌のキメを整え潤いをもたらすという媚薬のようなクリーム。
フェミニンかつハーバルな香りに仕上げられているということで、実にリッチ
な気分になれる化粧品なのでしょう。
一度、試してみたくなりますね。

< Sponsor Link>

「白トリュフの食べ方と効能」

トリュフは強く独特な香りがあるので,他の材料と組み合わせて,その香りを
移させることがトリュフ料理の楽しみ方です。
特に白トリュフは、あまり熱を通ず生のまま使い,香りを残すことがポイントです。

新鮮なものは冬に出回り,傷みやすいので,瓶詰や缶詰を用います。
また切り屑も捨てずにオリーブオイルに漬けて,トリュフオイルを作り
香りの移ったオイルを料理に振り掛けて使います。

スクランブルエッグやバターを絡めたパスタに混ぜこんだり、肉や
ローストした鶏の皮の下に忍ばされたり、フォアグラやパテに挟み
込んだりして食べるのが一般的です。

食物繊維やビタミンDなどが多く含まれ、便秘や肥満、糖尿病などの
予防、改善に効果がありそうです。
キノコとしての、血圧を下げる効果も期待できそうですね。

「白トリュフの匂いを嗅ぎわけるもの」

トリュフを収穫するため探しに行くときのお伴は、特別に訓練された豚か
犬を用いるそうです。
昔は豚がメジャーだったそうですが、トリュフを見つけると食べてしまう
ため、現在は犬を利用することが多いとのこと。

しかし、犬はトリュフの香りを探す訓練を必要とするのですが、メスの豚は
全く何の訓練も必要とせず探し当てるそうです。
これはトリュフに含まれる化合物が原因で、メス豚を強く引きつけるオス豚の
性フェロモンと類似しているためだそうです。

そう考えると、いかに高級珍味であろうと、好き嫌いがハッキリ分かれてくる
食材だといえますね。

「まとめ」

人の握りこぶし大で、約10万円もするという高価な白トリュフ。
ヒラリと薄くスライスされた貴重な素材を十分堪能するには、どんな食べ方が
一番素晴らしいのか、見つけていきたいと思いました。

< Sponsor Link>