【ダイエットに水菜を取り入れてスッキリボディを目指そう】


水菜はアブラナ科の野菜で、京都が原産と言われています。
寒さに比較的強い性質から、特に野菜が不足しがちな冬場に収穫できる
という事などもあり、古くから関西では親しまれてきた野菜の一つです。

葉の形からヒイラギナ(柊菜)と呼ばれたり、細い葉柄が千本(沢山)
伸びることからセンスジナ(千筋菜)とも呼ばれたりしています。

また、京都で古くから作られてきていて、京都の野菜、キョウナ(京菜)
と呼ばれてもいます。

関東では茎の幅が広く、葉の色が濃い緑でヒイラギの葉のような形の
広茎京菜又は茎広京菜と呼ばれている系統が作られてきました。

近年では全国のスーパーの店頭に並ぶようになりましたが、「京の伝統野菜」
の一つでもあり、京都を中心に関西で栽培されてい在来種は茎に張りがあり、
食べた時に少しピリッと辛味を感じられるのですが、全国のスーパーなどで
売られているものは茎が柔らかく、生でも美味しく食べられるように改良され、
辛味はほとんど感じられません。

今や年間を通して買うことが出来るのと、安価で安定した価格なので
いつでもサラダや鍋物に使えて、色々と出番の多い野菜ですね。

「水菜の時期と保存方法」

ハウス栽培などが進み、ほぼ通年市場にはありますが、
本来は冬から早春が旬である野菜です。

水菜は緑色が鮮やかで、色が濃い物を選びましょう。
古くなるにつれ、色があせ、黄色みを帯びてきます。
また、水菜はサラダにも使えるように柔らかくなるように育てられた物が
ありますので用途によって使い分けできますね。

< Sponsor Link>

保存方法としては、濡れた新聞紙などでくるんで乾燥を防ぐ為、袋に入れて
冷蔵庫に入れると良いでしょう。
また、寝かせておくと上に伸びようという植物本来の働きで茎が曲がります。
上に伸びることの出来ない環境だと、傷みも早くなるようです。
可能な限り立てて保存するのが良いですね。

「美味しく爽やか、水菜でダイエットサポート」

水菜は冬野菜ではありますが、今や一年中売られているので、毎日の食卓に
お役立ち食材です。
特にダイエットレシピには出番も多くなりそうですね。

水菜にはビタミンCが多く含まれており、風邪の予防や肌荒れなどに効果を
発揮します。

あっさりしたイメージがありますが、水菜は緑黄色野菜なのでβカロチンも
豊富です。
免疫力を高め、健康維持のサポートをしてくれます。

また、カリウムやカルシウムも豊富に含まれているので、骨の健康維持にも
役立ちます。
ダイエットでの栄養不足に強い味方となってくれるでしょう。

「まとめ」

通年で手に入る水菜は、それほど高いものではないので、本当に毎日色々な
メニューで家庭の食卓に出番の多い野菜ですね。
生でも漬物でも、炒めても茹でても、形を変えながら美容と健康のお役に
立てる優秀な野菜です。
彩りもキレイなので、今日から水菜を添えた爽やかレシピで梅雨や夏を
乗り切ってゆきましょう。

< Sponsor Link>