【神戸牛の世界の反応はブランド物】


高級で贅沢な食材として、日本が誇る和牛の代表「神戸牛」。

きめ細かく、上品な甘みのある赤身が、脂肪の風味や香りと溶け合う
絶妙な味わいが、世界中の美食家達をも魅了するほどです。

1868年に神戸港が初めての貿易港として開港し、明治時代以降、神戸に
多くの外国人が訪れ、神戸牛の味に惚れ「KOBE BEEF」としての名が
世界に広がりました。
以来、神戸牛は和牛の代名詞として世界的ブランド牛の地位を得て、現在も
保ち続けています。

「神戸牛が存在しないとは?どういうことでしょうか」

神戸牛という名前の生きた牛は存在しないということを聞いたことはある
でしょうか。
一体どういうとなのか?「神戸牛」と呼ばれているものは何なのだろうか。
これはあくまでも呼び名の違いで、神戸牛の名で本物・偽物の区別はない
のです。

ちなみに「神戸牛」とはお肉そのもののことで、生きた牛の品種では
ないそうです。
ブランド和牛のルーツといわれる但馬牛のうち、一定の品質基準を満たす
選りすぐりの牛肉のことを「神戸肉・神戸ビーフ」と呼びます。
近年では総称して「神戸牛」とも呼ばれるようになったのです。

「神戸牛の呼び名について」

神戸牛、神戸肉、神戸ビーフなどと呼び分ける理由はあるのでしょうか。
実際、神戸牛は「神戸肉」または「神戸ビーフ」という呼び名が正式名称です。
他のブランド牛が、「~~牛」という呼ばれ方から、神戸牛と言われるようにも
なったということで、現在では「神戸牛」も正式名称として扱われています。

< Sponsor Link>

では、その内訳、詳細を少し掘り下げてみましょう。

「神戸肉」

神戸ビーフを認定する『神戸肉流通推進協議会』では「神戸肉」または
「神戸ビーフ」として定義付けされています。
いわゆる正式ブランド名ですね。
昔からの神戸のお肉屋さんで使われることが多い呼び名で、看板などにも
「純神戸肉」と表記されているそうです。

「神戸牛」

一般的には「神戸牛」という呼び名で広く親しまれていますね。
他の銘柄牛が「~~牛」と呼ばれるものが多く、馴染みやすい呼び名だった
のでしょう。
あまりに一般的な呼称になったため、近年正式名称の仲間入りをしました。
ただ厳密に言うと「神戸牛」という品種の牛はいないということです。

「神戸ビーフ、KOBEBEEF」

神戸ビーフの素晴らしさに目を付け、発見したのは、港街神戸に訪れた
外国人だったので「KOBE BEEF
と呼ばれ、その呼び名がそのまま
日本語になり流通したのです。
歴史を匂わせる美味しそうな響きに聞こえませんか?

呼び名でイメージや味わいがなんとなく変わったり、時代を感じたりする
気がするものに、牛肉のステーキがありますね。
ビーフステーキと呼ぶか、ビフテキと呼ぶか。
ビーフステーキだと、お洒落なレストランを想像しますが、ビフテキだと
レトロな落ち着きのある古めかしい喫茶店の夜の部、という印象。

「まとめ」

神戸牛も、食べる人の感性や環境によって、様々な魅力を発揮すること
でしょう。
美味しいお肉から元気を吸収しながら、この一切れを味わいましょう。

< Sponsor Link>