小いわしはPPバンドで簡単に処理できる!目からウロコの方法を紹介☆


海で釣りをして小イワシが大漁ヽ(^o^)丿
釣っている時はただ嬉しいですが、食べるように処理をするとなると
大量のイワシを処理しなければならず・・・

そんなとき便利なのが荷物の梱包などに使われるPPバンドなんです!

適度な硬さと柔らかさで、まさに三枚おろしをするのにうってつけのアイテム(^^)/
PPバンドを使った下処理方法を紹介しちゃいます。

小いわしをppバンドで簡単に処理するには!?

ppバンドを使ってどうやってやるの?

荷物の梱包などに使われている状態からはなかなか想像がつかないですよね。
小いわしの処理を順追って確認していきましょう!

ppバンドの形を整える
そのままじゃ流石に3枚おろしには使えません。
ppバンド15センチくらい(手の大きさに合わせて調整してください)に
切って、半分に曲げてから端をホッチキスか輪ゴムで止めます。

あっという間に道具ができあがりますね!(^^)!

小いわしを3枚におろす
なかなかの早業なのでお見逃しなく!

要は丸くカーブした部分で一気に身と骨を分けるのです。
慣れればppバンドでもすんなりと3枚おろしができるようになります。
とはいってもこれの為にppバンドを探すのも大変!?
そんな時はトングや、スプーンなんかでもできます。

美味しく食べる(^^♪

おろした小イワシはしっかり洗ってウロコや内臓を流せばお刺身をはじめ
いろんな料理に使えます。

ウロコを残さないためには氷水を入れたボールを2つ用意して、丁寧に洗います。
7回繰り返すと鯛の味!?ほんとかしら・・・
丁寧に何度か繰り返すと臭みも消えてお刺身で美味しく食べられますって事ですね♪

< Sponsor Link>

新鮮なうちはやっぱりお刺身ですよね~

自家製アンチョビにするというのもありかも(^^)
メニューの幅が広がりますね♪

イワシを網ですくう!?誰でも出来るイワシ取り!(^^)!

ついでに、小イワシがたくさん獲れる網すくいについてもちょっと紹介♪
漁港の堤防なんかに行くと水面付近で小魚が跳ねたりしていますよね。
これほとんどが小イワシかアジなんですよ~

以前観光で海の近くに行った時に小魚が水面ではねているのを見て
「網ですくったら一網打尽だね!」私
「アホか!そんな簡単にできるか!」パートナー
なんて会話を繰り広げましたが、私アホじゃないじゃん!!
実際に網ですくえるんですよ~(^v^)
これなら釣り竿がない人や子供でも楽しそう♪

こんな感じでマキエサをしてイワシが寄ってきたところをタモ網ですくう!
網は目が小さいものでないと穴から逃げてしまいますが、小イワシがこれで沢山
獲れたら嬉しいですよね~(^^♪
PPバンドでいわし処理の手間がかなり楽になるしね。

イワシの群れが堤防付近に回遊してくればかなりの数が獲れそうですね。
群れが来るのが見えたら先に網を入れておくのがコツみたいですよ☆

まとめ

青魚なので体にいいDHAやEPAといった不飽和脂肪酸の働きで
血圧を下げる効果があります。
さらに、いわしペプチドは血圧が低い人に対しても高い人に対しても効果を発揮し
血圧を正常値に戻す働きが認められています。

安くて健康にもいいイワシをたくさん食べるのにppバンドが役にたっちゃいますね。
ただのゴミと思わず今度見かけたら保管してみて下さいな(^O^)/

< Sponsor Link>