【炭火で七輪焼き、または焼き網で松茸を味わう贅沢】


秋の味覚の代表である松茸。
高価で贅沢なものな為、頻繁に大量にお目にかかれるものでは
ないと思います。
旬になり、数回食べることが出来たら大満足で、1度でも食べる
機会にあえたら嬉しいものです。

そんな贅沢な松茸は、どのような食べ方が一番美味しく味わえる
のか、いざ松茸を前にすると考えてしまいます。
迷っても、やはり食感と香りを生かした、焼き松茸が最高のレシピ
であるように思います。

お店で調理されたものをいただくのは、間違いなく美味しくなって
出されてきます。
自宅で松茸を調理する場合は、七輪や焼き網で丁寧に焼き上げ、立ち
上る香ばしい香りを楽しむプラスの贅沢もありますね。
食卓を囲み、香しい松茸がほんのり焼き色を付けてゆく姿をじっと
眺める幸せは、思い浮かべただけでもジンワリ心に沁みるものがあり
ますね。

「七輪と炭で焼き松茸の香ばしい香りの前菜」

年に一度、もしくは数回しか食べることの出来ないであろう松茸は
せっかくだから、普段のお料理とは別格の扱いで楽しみたいですね。
手間と時間を惜しまず、じっくり仕上げてゆくのも食べる楽しみを
倍増すること間違いなしです。
この為に、七輪や炭などを用意するのも良いのではないでしょうか。

目の前で、汁気がジュッと出る焼き具合と、良い焼き色がついてゆく
様を眺めるのもオツなものです。
焼くことによって増す、素晴らしい香りを前菜に楽しみつつ、松茸が
美味しく仕上がっていくのを待つのも贅沢ですね。

< Sponsor Link>

小さな七輪に並べられた家族の松茸を眺める風景は、鼻をきかせて
焼き加減に集中し、とても静かな場面ではないでしょうか。

「松茸の網での焼き方、焼き具合」

家庭で手軽に焼く場合は、グリルか焼き網での調理になると思います。
失敗が少なくオススメできるのは網焼きの方法ですね。

グリルだと焼き具合が見えにくいのと、水分が飛んでしまって美味しさ
までも損なってしまうことがあります。
焼き過ぎるケースもあるので、グリル使用の場合はちょこちょこ確認を
しながら焼くことが大切です。

網で焼く場合も、焼き具合のチェックは大事ですが、目に見えているの
で、失敗は少なくなると思います。
香ばしい香りも同時に楽しめるので、オススメの調理方法ですね。

いずれも、松茸のいしづき(下の固い部分)をそぎ取り、十字の切込み
を入れます。
焼いた後で割きやすいようにする為です。
焼き上がりは熱くて割くのが大変なので、大切なポイントとなります。

さて、お楽しみの本番、食べる時です。
味わいと香りを殺さない調味料がオススメです。
岩塩やすだちが、サッパリとして松茸の風味を邪魔しない調味料かと
思います。

個人的に、ごま油と醤油を小皿に少量入れて、ほんのポッチリ付けて
食べるのも美味しいと思います。
それぞれのお好みで、季節の贅沢、松茸を味わってください。

「まとめ」

今秋は見事な素晴らしい松茸に出会えることを祈って、願掛けで先に
七輪を買ってしまおうかな、などと思いますが、みなさんはいかがで
しょうか。

< Sponsor Link>