春菊は栄養満点!抗ガン作用・風邪予防に美肌効果…効能教えます★


皆さん「春菊」と聞いて、どのようなイメージをお持ちですか?特にイメージは無い…鍋に入れる具…少し癖がある…といった感じでしょうか?

私も、こういった感じで、特にこれといったイメージはありませんでしたが、調べてみると、緑黄色野菜である春菊には知られざる効能が沢山あるようです!ということでまとめてみました♪

【春菊は食べる風邪薬!】

栄養満点の春菊は、古くから漢方薬の原料としても使われ「食べる風邪薬」の異名を持つほど、健康に良い様々な効能があります。

沢山ある栄養素の中でも、特徴的なものはβ‐カロテンです。春菊に含まれるβ‐カロテンは、同じ緑黄色野菜の小松菜やほうれん草を上回る量で、約1束の春菊を食べれば、1日に必要な摂取量をまかなうことができます。

β‐カロテンは体内に入ると、必要な量だけビタミンAに変換され、このビタミンAが皮膚や粘膜を守ることで、外部から風邪の原因菌やウイルスが侵入するのを防ぎます。

また、春菊にはビタミンCも豊富で、このビタミンCも病原菌を攻撃する白血球の働きを助けたり、自らも病原菌を攻撃し、細菌やウイルスから体を守ってくれます。
よって、この2つの栄養素によって風邪を予防することができます。
さらにβ‐カロテンは、コレステロール値を低下させる働きのあるクロロフィルと共に、発がん抑制にも効果があります。

カロテンは、食べ方として、ゆでると生の倍近く栄養が増すとのことです。冬に鍋で食べる春菊は、春菊パワー2倍で風邪を予防し、さらに抗ガン作用も発揮してくれる、欠かせない具材です!

【女性に嬉しい効果も沢山!】

春菊は、健康に良いだけでなく、特に女性に嬉しい効果も沢山あります。

前項で、風邪の予防になるといったβ‐カロテンとビタミンCですが、これらは美容の面でも良い効能を持っています。
まずβ‐カロテンは、肌荒れの修復や乾燥肌の予防になります。またビタミンCはシミやシワを予防する効果があります。

つまり、春菊は美肌の効果があるということです。
また、他の栄養素としては、ビタミンB群の仲間で、貧血予防や妊婦に大事な栄養素である葉酸も含まれています。

その他にも、カルシウムをはじめ、マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルが豊富で、これらは骨を丈夫にしてくれると共に、女性の月経前症候群による症状を緩和してくれるとも言われています。

さらに、春菊の繊維は生で食べられるほど柔らかく、毎日少量ずつ食べるようにすると、胃腸が整い、便秘にも効果的です。
女性の気になる美容面だけでなく、女性特有の症状にも効果を発揮する春菊は、積極的に女性に食べて欲しい野菜です!

< Sponsor Link>

【春菊の匂いにも効能あり!】

春菊って、独特の匂いがありますよね…。私はこれが苦手で、水菜を代用したりしていたのですが、この独特な香り成分にも体に良い効能があるようです!

春菊の独特の香りは、10種類ほどの成分からなり、その中でも代表的なものがペリルアルデヒドという成分です。このペリルアルデヒドは自律神経に作用し、胃腸の調子を整え、食欲増進に有効なほか、咳を鎮める作用も持っています。

しかし、どうしてもこの独特の香りが苦手という人には、「スティック春菊」がおすすめです。スティック春菊は通常の春菊と比べ、香りが控えめで癖が無く、苦手な人にも食べやすいという特徴を持っています。

また、生食用に開発された春菊のため、茎の上の方にだけ葉が付いていて、長めの茎は細くて柔らかく、生のままでも食べられます。
サラダにして、ドレッシングなどで和えると、鍋で食べるときとは違い、苦手な人もペロリと食べれてしまうかもしれません★

【春菊の副作用?アレルギー?】

薬にもなるほどの春菊。本当の薬であれば、多量な摂取は害になることもありますが、
春菊は食物なので、沢山食べても副作用はありません。
沢山食べても、体に必要な分だけ体に蓄積され、あとは排出されるからです。

しかし、まれに春菊を食べて体に湿疹ができてかゆくなったり、呼吸が苦しいといった症状が出ることがあるようです。
これには、アレルギーが関係している場合があります。

「野菜を食べてアレルギー?」と思う方も多いと思いますが、まれであっても、どんな食材にもアレルギーの可能性はあり、春菊も例外ではありません。
また、春菊にアレルギー反応がでる要因のひとつとして、「花粉アレルギー」があります。

春菊は名前の通りキク科の植物で、キク科植物の花粉アレルギーを持っている場合、春菊を食べても反応することがあるようです。
キク科植物のアレルギーを持っている人すべてが、春菊に反応するというわけでは無いようなので、
必ず除去する必要はありませんが、食べる際には注意しましょう。

【まとめ】

今まで、春菊は鍋の脇役…といった感じでしたが、意外にも沢山の効能があることが分かりました。
また、独特な香りが苦手でしたが、香りがきつくない春菊もあるということで、スーパーで見かけたら、是非購入したいと思います!

皆さんも何となくではなく、あえて、春菊を食卓を彩る材料の一つとして使っていきましょう!

< Sponsor Link>