金箔の美容効果とは?メカニズムからおすすめの化粧品まで教えます!


金沢に旅行に行った際、金箔を使ったお土産屋さんを多く目にしました。中でも、化粧品に使われているものは、見た目も可愛く、金が入っているなんて華やかですし、女性なら誰でも気になるようなものでした。

思わず買ってしまおうか…というところまでいったのですが、ふと「金箔って美容効果あるの?」と疑問に思い、手が止まってしまいました。
そこで、金箔の美容効果について調べてみました!

【クレオパトラは金糸を縫い込んでいた?】

見た目の美しさや、錆びないという特性から、不老不死の象徴ともされ、古来より珍重されてきた金。
中国でも古くから金は「万能薬」として使われてきたようです。

また、世界三大美女の一人でもあるクレオパトラは、その美しさを保つために、金糸を顔に縫い込んでいたという説もあるようです。

薬にしたり、顔に縫い込んだり…実際に効果はあるのでしょうか?見た目の煌びやかさに翻弄されているだけでは…?

ということで、その効能について調べてみると、いくつか効果があり、最近では特に「美肌」への効果に注目が集まっているようです!

クレオパトラの行為には驚きましたが、どうやら理に適っているよう…ということで、そのメカニズムをご紹介します♪

【「美肌」を生むメカニズム!】

金が美肌をもたらしてくれるのには、「微弱電流」が関係しているようです。

私たちの体には、生体電流が流れていて、これによって肌の新陳代謝が促されています。新陳代謝が促されると、肌のターンオーバーが正常化され、肌が蘇ります。

肌が蘇るということは、加齢によるシミ・シワから、肌トラブルである吹き出物やニキビといったものまで肌の様々な問題を解決してくれます。

この美肌作りに必要なのが、生体電流の中でもマイナスの電流で、金には生体電流によく似たマイナスの電流が流れているのです。

よって、金箔などが入った美容商品を使用すると、新陳代謝が促され、結果的に美肌になるということです!

「金」とはいえ、金属の一種である物が、本当に美容効果をもたらしてくれるのか?と思いましたが、金属ならではの特徴である「電流」が効果をもたらしてくれる正体だったのですね♪

【おすすめは家庭用クリームやジェル!】

効果の高さが証明された金は、現在美容商品として利用されています。エステなどでも使用されていますが、クリームやジェル、マスクなどに配合されているものは、家庭で日常的に使用することも可能です。

< Sponsor Link>

金箔を使った化粧品は、その特徴から、家庭で使用しても高い効果が期待できます。

一般的に、皮膚にはバリアゾーンと呼ばれる層があり、異物が入るのを防ぐ働きがあるため、化粧品の一部は肌に吸収されにくいという欠点があります。

できるだけ沢山の栄養分を肌に吸収させるため、エステでは機械を使っていますが、金からでるイオンは、このエステの機械と同じような働きをし、栄養分を肌に浸透させます。

したがって、金箔の入った化粧品を使用すると、金箔のマイナス電流による美肌効果だけでなく、その他の成分も余すところなく肌に吸収され、家庭でもエステに通ったような効果が得られるのです!

お値段は少し高めになりますが、試してみたいですね♪

【アレルギーや皮膚呼吸に悪いって本当?】

美容効果の高さは分かりましたが、成分が金属であるため、様々な不安を持つ人もいるようです。そこで、その一部をご紹介します。

まずは、アレルギーですが、金属アレルギーを持っている人は、このような美容商品を使用できないのではないか?という声があるようです。

しかし、胴、亜鉛、ニッケルなどの混合物が混入していない純金であれば、アレルギー反応を起こすことはまずないそうです。

ですので、エステや金箔の入った化粧品を使用する際には、使われている金の純度をしっかり確認してください!妙に安価なものは、純度が低い可能性があり、逆に肌に悪影響を与える可能性があります。

また、心配な場合は、使用する前に皮膚科などに相談しましょう!

次に「金箔を体に貼ると、皮膚呼吸が出来なくなる」という説があるようですが、これは迷信だそうです。

全呼吸のうち、人が皮膚呼吸でまかなっているのは1%ほどで、短時間金箔を貼ったからといって、苦しくなったりということは無いです。

さらに、最近ではこのような声にこたえるため、通気性のよい金箔も開発されているようで、気になる人は、こういった金箔を使用したパックなどを利用するのもいいでしょう★

【まとめ】

金はその見た目だけでなく、実際に美容効果があるということが分かりました。

また、金自体が肌に働きかけるだけでなく、その他の美容成分を効率的に肌に浸透させる働きもあるということで、とても魅力的です★

クレオパトラのように、金糸を顔に縫い込むような勇気はありませんが、今後金箔入りの化粧品を見かけたら、購入してみようと思います♪

< Sponsor Link>