ツバメの巣の防止対策!行うなら巣作り前にしましょう★


ツバメの巣が出来ているのは、比較的誰でも見たことがあるのではないでしょうか?
自然の多い田舎でなくても、草木を集めて巣をつくったり、子育てをしている姿を直に見ることができ、わくわくした子供の頃を思い出します。

しかし、糞などのことを考えると、手放しで喜べない…というのは、大人になってしまった証拠でしょうか?

自分の家にツバメの巣が出来たら、見守るべきか、防止するべきか。また、防止するにはどうしたらよいか、ご紹介します。

【ツバメの巣が出来ることは縁起が良い?】

ツバメの巣は、昔から縁起が良いとして歓迎されていたようです。

ツバメが巣をかける家は、「縁起がいい」「吉事がある」「病人が出ない」と言われ、中には「三度巣をかけると億万長者になる」「家の中に巣をかけると最高にめでたい」「自在カギに巣をかけると金持ちになる」など、家の中をツバメが飛ぶだけで喜んでいたようです。

私の祖父の家の玄関の天井にも、沢山ツバメの巣があって、扉の内側に作ってしまっているものだから、ツバメが子育て中は、玄関を常に少し開けていたのを覚えています。

そこまでして大変なのに、どうしてかなぁ?と思っていたのですが、このような言われがあったからでしょうか…。

しかし、たしかに祖父の家は、豊かなお家です!もし私の家にツバメの巣が出来たら大切にしようと思います!

【ツバメの巣は歓迎されている?】

縁起が良いと言われる一方、近年では糞が落ちることが嫌われ、迷惑だと言われることも増えているようです。

では、歓迎している人と、迷惑だと思っている人はどちらが多いのでしょうか?ある調査をしたデータがあったので、まとめてみました。

調査は、都市部と農村部、それぞれの住宅地と商店で行われたものです。
全体としては、ツバメの巣作りを歓迎しているのが76%、迷惑しているのが5%、特に関心が無い、その他が19%という結果でした。

また、意外にも住宅・商店どちらにおいても、都市部での方が「歓迎している」という回答の割合が多くなっていました。

迷惑だという人がいることも確かですが、現在でも都市部・農村部関係なく、比較的ツバメの巣は歓迎されているようですね♪

子供の頃のように周りの風景を気にすることが無く、気づいていないだけで、意外と身近にもツバメの巣を見つける機会が多いかもしれません。

【ツバメの巣を防止したい場合!】

とは言え、事情などにもよって「巣をつくられては困る…」という場合もありますよね?

ネットなどで調べてみると「撃退」「退治」「駆除」などの言葉も見られますが、大切な命の1つですので、決して傷つけることのないようにしてください。

< Sponsor Link>

法律でも「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」に指定されている鳥で、捕まえたり、殺してはいけないことになっています。

ですので、巣をつくる前に防止しなければなりません。もし、知らぬ間に巣が出来、卵が生まれてしまっていたら、巣立つまで見守るしかありません。また、卵が産まれる前なら、巣を撤去し、同じところに巣を作れないようにしておく必要があります。

巣作り防止の方法としては、ネットを張ったり、天敵であるカラスやヘビの模型を使うのも有効です。

また、対策グッズとして「アニマル・リペラー」という音と光で動物を寄せ付けないようにするものや「アニマル・ブラスター」といって、水を噴射し、同じような効果を発揮するものもあります。
場所によって、対策方法を選んでください。

また、マンションの共用灯等、防止対策で景観を損なえない場合は、共用灯の出っ張りが無くなるようにアルミシートなどを張るだけでも効果があります。

巣作りを防止しなくても良い場合は、できるだけ見守って頂きたいですが、どうしても防止しなければならないときは、ツバメが傷つかないよう配慮し、違うところに巣をつくってもらうようにしましょう。

 

【ツバメの巣の移動!】

建物の改築などの関係で、糞が落ちるといったような理由とは違い、ツバメの巣が撤去されるということもあるようです。

このようなときには、成功例は多くはないものの、ツバメの巣を移動できるそうです。

その際のポイントは「一度での移動は1~2mの短距離」「巣をタッパーなどで代用するのも可(ただし、深さが2cmくらいの浅い物)」「移動先で親鳥が給餌しているか確認」「移動中や移動先でカラスに襲われないか注意する」この4つです。

ツバメの巣を移動できるとは、びっくりですね!
また、自らが作った巣でなくても、安心してわが子に給餌できると認識すれば、人工の巣やタッパーなどの容器でも可能だそうです。

建物の撤去だけでなく、巣を作った場所が、都合が悪いときなどに移動させることができれば、ツバメも傷つくことが無く、家主も気持ちよく見守ることができますね♪

【まとめ】

身近にあるツバメの巣。もし、自宅に作られているのを見つけたら、縁起が良いとして、できるだけ見守ってあげて下さい。

日々成長を見守り、巣立つひなを見るときには、ちょっとした感動があると思います。

しかし、マンションなど個人の所有物では無いなどの理由で、巣をつくられては困る場合は、出来た巣を撤去するのではなく、作られる前に防止策を立てるようにしましょう!

< Sponsor Link>