キウイは赤ちゃんも食べられる?アレルギーもあるので要注意!


< Sponsor Link>

116733

離乳食が始まる赤ちゃんの栄養を考えるのは
いろいろ大変ですよね。

キウイはビタミンや食物繊維が豊富だし、
栄養的にも食べてくれたら嬉しいフルーツですね。

ただキウイにはアレルギーを起こす子もいるので
与える時には注意が必要です。

今回はキウイのアレルギーと
赤ちゃんの離乳食について紹介していきます。

キウイは赤ちゃんも食べられる?いつから食べられるか紹介!

6ヶ月ごろから赤ちゃんも離乳食がスタートします。
リンゴやバナナなどの果物は離乳食初期から与えられますが、
キウイはどうでしょう?

離乳食期に与えていい果物のリストをみると、
キウイは離乳食初期と中期は△表示です。

リンゴやバナナと同じ果物だし、
栄養もあるからあげたいなぁと考えるかも知れませんが、
離乳食にキウイはちょっと待って!です。

酸味が強いので赤ちゃんは好まないかもしれません。
さらにキウイにはアレルギーを起こす子もいるので
はじめてあげる時は必ず少量からというのが鉄則です。

ただはちみつのように1歳までは
食べてはいけないといった食品ではないので、
食べてしまっても神経質になる必要はありません。

キウイのアレルギー症状はどんなもの?症状を紹介します。

食物アレルギーと同じように果物でも

メロンやバナナ、リンゴ、スイカ、
モモ、オレンジ、パイナップル、
イチゴ、レモン、グレープフルーツ

など意外とアレルギーを引き起こすものが多いのです。
中でもキウイはアレルギーが多く出る果物です。

症状は・・・

・口の中のかゆみや喉のイガイガ感
・口の周りのじんましんや、唇のしびれやむくみ
・吐き気。腹痛・下痢・気管支喘息の発作

といったところです。

キウイでアナフィラキシーショック!?

重症になるとアナフィラキシーショックを
引き起こす可能性もあるので
両親に食物アレルギーや花粉症があったりする場合は
特に気をつけた方がよさそうです。

赤ちゃんや小さい子供では症状をうまく伝えられないので、
口がかゆい・のどのイガイガなどの軽い症状のうちは
両親も気がつかない場合があります。

本能的に嫌がるので、
子供が嫌がったら無理に食べさせるのは控えましょう。

うちの子供たちは私が知らなかったばかりに
離乳食中期ごろから普通にバクバク食べていました。
今思えばアレルギーでなくてよかった・・・。

キウイは焼くとアレルギーが出にくくなるって本当?

キウイのタンパク質に含まれる物質がアレルギーを
引き起こすとされています。

< Sponsor Link>

加熱するとタンパク質の成分が変質するので、
アレルギーが出にくくなるとは言われていますが、
赤ちゃんにそこまでして食べさせる必要はありません。

大人になって、アレルギーだけどどうしても食べたい!
という人は試してみてはどうでしょう?

また、キウイには肉を柔らかくする作用があります。
生姜焼きの要領でお肉をキウイに付け込んでから
焼けばさわやかな風味で柔らかいお肉が味わえますよ。

材料
鳥胸肉 2枚(200g×2)
キウイ 2個
醤油 大さじ2と1/2
カレー粉 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
はちみつ 大さじ1/2

1. 鶏肉のすじを取り、分厚い部分は開いて厚みを均一にする
2. キウイは皮をむき、調味料と一緒に保存袋にいれて
  手でつぶしながら混ぜる
3. 鶏肉を漬け込み冷蔵庫で2時間ほど寝かせる
4. 皮目を下にしてフライパン中火で焼く、
  漬け込んだタレもそのまま一緒にフライパンへ
5. 蓋をして蒸し焼き10分してから裏返して5分で完成
  (時間は肉の厚さで調整)

キウイはリンゴで追熟するって本当?

熟しきっていないキウイじゃ酸味が強いし渋みがありますよね。

しかもキウイは熟せば熟すほどビタミンが増えるので、
甘く完熟させてから頂きたいですね。

とはいってもせっかく買ってから
いつまでも待たないといけないのは悲しい。

そこでリンゴの登場です。
キウイは収穫してからエチレン剤というものを
振りかけられて保存されている場合がほとんどです。

c56f2580b8e1ffa7a88bd89bea6a3f8f_s

エチレンがキウイを成熟させてくれるんですね。
リンゴはこのエチレンガスを発生させるので
キウイと一緒に保存するとキウイの成熟が進みます。

適しているのは「ジョナゴールド」「王林」「津軽」
なので試してみてください。
甘いキウイなら子供も喜んで食べてくれますよ!

まとめ

アレルギーが出る場合もあるキウイですが、
ビタミンなど子どもに摂らせたい栄養を多く含んでいます。

特に野菜嫌いな子どもは果物で
ビタミンを上手に取り入れたいですよね。

アレルギーがなかった場合は
フレッシュジュースなどにすれば
ご飯に添えて出すこともできますね。

大人にも便秘改善やダイエット効果もあるので
家族みんなで取り入れてみてはいかがでしょう?

< Sponsor Link>